和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

09 29

投稿者: fukushoku
2020/09/29 10:37

9月も終わりに近づき、ようやく寝苦しくない夜が続くようになりました。天気予報専門メディアでは天気の予報だけでなく、「洗濯」や「睡眠」、「紫外線」や「アイス」など、各種の指数情報を提供しています。ここでは、2018年に天気予報専門メディア内の『睡眠指数』を開発した、服飾造形学科の水野一枝准教授のコメントを紹介します。

『睡眠指数』の開発について(水野一枝

 夏の蒸し暑さや、冬の寒さは睡眠を妨げることがわかっていますが、冷房や暖房、寝具等のちょっとした工夫で快適に眠ることができます。このちょっとした工夫を情報提供し、皆さんの快眠に役立てる方法はないかと考えたのが開発のきっかけです。
寝室の蒸し暑さや寒さは、外気の温度や湿度の影響を受けます。外気の温度や湿度は、毎日、寝ている間にも時間毎に変わり、日本国内の各地域によっても全く異なります。そこで、気象情報に詳しい日本気象協会にご相談し、共同で開発することになりました。日本気象協会の気象情報に関する専門技術と知識、私と共同研究者の研究成果やこれまでの科学的データをもとに『睡眠指数』が開発されました。皆さんのお役に立てる指標を目標とし、開発までに何度も議論と修正を繰り返しました。
『睡眠指数』は、季節による温度や湿度の変化に対する「眠りにくさ」のレベルを、気象情報を用いて算出しています。「眠りにくさ」だけでなく、冷房や暖房を使用する目安を提案することで、快眠を支援します。

『睡眠指数』は、毎日、地域毎に日本気象協会公式の天気予報専門メディア(tenki.jp)で公開されています。冷房を使おうか迷うとき、寒さが心配なとき、寒暖差のある時期等、tenki.jpにアクセスしてみてください。不眠や睡眠不足は糖尿病等の生活習慣病、抑うつ、肥満、便秘等の様々な健康被害のリスクを高めることがわかっています。健康に欠かすことができない快眠を支援する手段として、『睡眠指数』を是非、活用していただきたいと思います。

『睡眠指数』はこちらから
水野一枝准教授のプロフィールはこちらから
服飾造形学科の学びについてはこちらから
服飾造形学科の実習室「服飾造形実習室5(立体構成)」内をGoogleストリートビューで、こちらからご覧ください

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube