和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

11 29

投稿者: fukushoku
2019/11/29 10:10

服飾造形学科では、服飾についての感性を磨き、問題解決能力や実践力などを身につけるため、実技や理論の他にも斬新なカリキュラムを開講しています。その中のひとつ、「ファッションビジネスの世界(履修時期:1年次 必修科目/本年度は2年次も必修科目)」では、毎回、服飾・ファッション業界の第一線で活躍している方々を講師に招き、オムニバス形式による授業を行っています。担当は嶋根歌子教授森本美紀准教授です。


【写真】二宮先生からいただいたearth music&ecologyのエコバッグを持って、授業後に先生と一緒に記念撮影

11月22日の講義では、株式会社ストライプインターナショナルの二宮朋子氏にご登壇いただき、「服という商品は。」―アパレル企業が取り組むSDGs―というテーマのもと、講義が行われました。SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットで、持続可能な世界を実現するため17の目標が採択されています。


【写真】講義の様子

講義では、株式会社ストライプインターナショナルが積極的にSDGsへ取り組んでいる様子を話していただきました。ファッションでもマイバッグを持つ習慣の提案や、社内でゴミ箱をなくしてマイボトルの持参が促された話など、実際に企業が取り組んでいる活動を紹介していただきました。また、服を大切に着てほしいという願いから、「メチャカリ」が立案されたなどの興味深いお話もうかがいました。

講義ではSli.do(スライドゥ)というアプリを使用し、学生が二宮先生に質問しやすい雰囲気で進行しました。


【写真】Sli.do(スライドゥ)で学生が質問をしている様子

授業の最後には、学生が持参した「あなたの大切な一着」をグループ内で発表し合いました。洋服に思い出を重ねることで、服を大切にする気持ちがより一層強くなる時間となりました。


【写真】アルバイト先のショップで初めて制服として着用した思い出のセーター

※「ファッションビジネスの世界」の授業は、事前に申し込みをすれば、他学年の学生(服飾造形学科に限る)でも講義を聴講することもできます。

<2019年度 講師一覧>
10月05日  宮城レース株式会社(栄レースグループ) 坂本政之氏  →終了
10月11日 ザ・ウールマーク・カンパニー 安江滋氏、西沢智裕氏 →終
10月18日 東海サーモ株式会社 栗本惟氏  →終了
11月08日  YKK株式会社 小松晴彦氏 斉藤英二郎氏  →終了
11月15日 一般財団法人日本綿業復興会 ファッションディレクター柳原美沙子氏  →終了
11月22日 株式会社ストライプインターナショナル SDGs推進室室長 二宮朋子氏  →終了
11月29日 株式会社H&M マーケティング部 田原美穂氏
12月06日  株式会社島精機製作所 雑賀透氏
12月14日 レースコンペ最終審査会 宮城レース株式会社(栄レースグループ) 坂本政之氏
12月20日 株式会社ビームス 水上路美氏
01月10日  lbD事業開発研究株式会社 代表取締役 島田浩司氏
01月24日  株式会社スプラウト 茨木 萌子氏

服飾造形学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube