和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

名前: fukushoku 作成日: 2014/02/07 14:22
服飾造形学類ブログ

投稿者: fukushoku 投稿日: 2020/10/30 10:59
トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)が主催する、真っ白なトートバッグ「トート・アズ・キャンバス」を表現のキャンバスにしたデザイン作品を一般公募する「ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」。 第17回目となる今年度、服飾造形学科の卒業生のエビナリサコさんが応募した作品「釣禍(ちょうか)」が、見事、グランプリを受賞しました。
(第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード受賞作品一覧はこちらから

  
【写真】真っ白なトートバッグに毛糸・墨・筆ペンで「捕獲した謎の軟体生物が網に見立てたトートから今にも這い出てきそうなところ」表現した作品「釣禍(ちょうか)」。写真左が表面で右側が裏面です

エビナさんは和洋女子大学の現 服飾造形学科を卒業後、服飾造形学科の助手として大学に勤務。現在、地元のコミュニティセンターに務めながら、編み物・手芸の楽しさを館内装飾やワークショップなどを通して広めています。4年次の卒業制作はニットを専門とする研究室に所属して作成、卒業制作ファッションショーでは、ご自身の作品を着用してモデルも務めました。昨年5月には日本手芸普及協会主催 第4回モヘアコンテストにて銅賞を受賞しています。(左の写真:賞状と盾を持つエビナさん)

服飾造形学科の学びについてはこちらから
服飾造形学科の学生たちの卒業制作データベースはこちらから
第4回モヘアコンテストでの受賞記事はこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2020/10/29 13:28
和洋女子大学の服飾造形学科では、確かな技術の育成のための授業に加え、デザインをはじめ、素材や加工、機能、ファッションビジネスなど様々な側面から「ファッション」の本質に迫る教育を展開。快適で高機能な衣服の設計や、衣服の身体に与える影響などについても学ぶ事で、多角的な視点から「ファッション」を創造する力を身に付けていきます。目指しているのは、衣服に関する基本的知識と理解を元に、自ら思考・判断し、関心・意欲を持って、衣生活の質の向上のための技術と心を持った人材の育成です。

今回は服飾造形学科の学びのひとつ「実験」の動画を紹介します。



服飾造形学科の学びはこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube