和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

名前: fukushoku 作成日: 2014/02/07 14:22
服飾造形学類ブログ

投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/29 10:10
服飾造形学科では、服飾についての感性を磨き、問題解決能力や実践力などを身につけるため、実技や理論の他にも斬新なカリキュラムを開講しています。その中のひとつ、「 ファッションビジネスの世界 (履修時期:1年次 必修科目/本年度は2年次も必修科目)」では、毎回、服飾・ファッション業界の第一線で活躍している方々を講師に招き、オムニバス形式による授業を行っています。担当は 嶋根歌子教授 と 森本美紀准教授 です。 【写真】二宮先生からいただいたearth music&ecologyのエコバッグを持って、授業後に先生と一緒に記念撮影 11月22日の講義では、 株式会社ストライプインターナショナル の二宮朋子氏にご登壇いただき、「服という商品は。」―アパレル企業が取り組むSDGs―というテーマのもと、講義が行われました。SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットで、持続可能な世界を実現するため17の目標が採択されています。 【写真】講義の様子 講義では、株式会社ストライプインターナショナルが積極的にSDGsへ取り組んでいる様子を話していただきました。ファッションでもマイバッグを持つ習慣の提案や、社内でゴミ箱をなくしてマイボトルの持参が促された話など、実際に企業が取り組んでいる活動を紹介していただきました。また、服を大切に着てほしいという願いから、「 メチャカリ 」が立案されたなどの興味深いお話もうかがいました。 講義ではSli.do(スライドゥ)というアプリを使用し、学生が二宮先生に質問しやすい雰囲気で進行しました。 【写真】Sli.do(スライドゥ)で学生が質問をしている様子 授業の最後には、学生が持参した「あなたの大切な一着」をグループ内で発表し合いました。洋服に思い出を重ねることで、服を大切にする気持ちがより一層強くなる時間となりました。 【写真】アルバイト先のショップで初めて制服として着用した思い出のセーター ※「ファッションビジネスの世界」の授業は、事前に申し込みをすれば、他学年の学生(服飾造形学科に限る)でも講義を聴講することもできます。 <2019年度 講師一覧> 10月05日  ... 詳細...
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/21 16:06
11月23日(土)のオープンキャンパスのテーマは「本番まであと少し!入試の心得をお伝えします」。服飾造形学科の学科説明会では、学びの内容やめざせる資格、入試について、解説します。その他、施設見学ツアーや作品展示コーナーもご用意しています。どうぞ、お楽しみに!


【写真】学科説明会が行なわれる教室の様子、個別相談コーナーも設置


当日は、服飾造形学科2年生の北原 愛理さんがデザインした靴下が販売されます。この靴下は、奈良県広陵町靴下組合主催「第6回 靴下デザインコンテスト」で最優秀靴下組合長賞を受賞し、商品化されたもので、330足限定の校内販売となります。



【写真】アルパカのデザインが立体的に施された可愛らしい靴下(税込980円)

こちらの靴下は、オープンキャンパス以外の日は購買部にて販売しています。販売初日から既に30足も売れていて、学生・教職員共に人気です。


 
【写真】学生・教職員から大盛況!普段は購買部で売っています

11月23日(土)のオープンキャンパス情報はこちらから
「第6回 靴下デザインコンテスト」で最優秀靴下組合長賞を受賞当時の記事はこちらから
服飾造形学科の学びについてはこちらから 
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/07 16:29
ファッションコーディネート演習(履修時期:3年次 選択科目」は、ファッションコーディネートに必要な基礎知識を習得し、他者へのコーディネート提案ができるようになることを目的とした演習授業です。担当は森本美紀准教授です。

10月21日の授業では、パーソナルスタイリストとして活躍中のMIKAKO先生にご登壇いただきました。パーソナルスタイリストとは、雑誌やモデルへのスタイリングを行うのではなく、個人に対してスタイリングを行うスペシャリストのことを指します。お客様のショッピングに同行し、コーディネートやファッションに関するアドバイスを行い、ご自宅にお伺いしてワードローブの構築も行います。その他にもMIKAKO先生はテレビへの出演や、ミスユニバースの審査員としても活躍されています。


【写真】MIKAKO先生の講義の様子

授業ではパーソナルスタイリストのお仕事の話や、学生たちへのスタイリングも行っていただきました。

   
Before(学生私服)         After(MIKAKO先生スタイリング①) After(MIKAKO先生スタイリング②)

   
Before(学生私服)         After(MIKAKO先生スタイリング)

モノトーンの服に柄や色物の小物をプラスするだけで、ぐっと明るく華やかな印象になりました。また、スタイリングのポイントなども教えていただき、実践を交えた授業に学生たちも熱心に聞き入っていました。


【写真】全員で記念撮影

MIKAKO先生の「ファッションは人を幸せにすることができる」という言葉の通り、学生たちの笑顔がまぶしい楽しい授業でした。

 
【写真】左から、授業担当の森本美紀准教授、MIKAKO先生、木村知世助手

パーソナルスタイリストMIKAKOさんのホームページはこちら
服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/01 11:27
11月2日(土)・3(日)に開催される第61回 里見祭(大学祭)! 服飾造形学科ではワークショップ、学科紹介展示、個別入試相談会を行います。 今年のワークショップは『フェルトボールを作ろう』。ふわふわの羊毛を丸めて固めて、コロコロかわいいフェルトボールを作ってみませんか。様々な色の羊毛を用意しているのでお楽しみに!


【写真】一緒にかわいいフェルトボールを作ってみましょう

【開催場所】東館15階 服飾造形実習室5

里見祭の詳細についてはこちらから
服飾造形学科の学びについてはこちらから
 
今年度、最後のオープンキャンパスは11月23日(土)です

※服飾造形学科の施設見学ツアーは洋裁の実習室のみとなります。次回の服飾造形学科施設見学ツアーは11月23日(土)開催のオープンキャンパスを予定しています。

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube