和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

名前: fukushoku 作成日: 2014/02/07 14:22
服飾造形学類ブログ

投稿者: fukushoku 投稿日: 2017/12/18 12:46
12月9日、和洋女子大学にて、栄レース株式会社主催のレースコンテストのコンペと入賞者発表・授賞式が行われました。見事、最優秀賞(グランプリ)に輝いたのは、服飾造形学類2年 新谷陽菜さん(作品No.64)。作品のタイトルは「愛の夢(リングピロー)」。優秀賞は作品No.37の前田都穂さん(2年)、入賞作品は作品No.8の榑松美帆さん(2年)、作品No.19の吉田沙織さん(2年)、作品No.28の小河美由紀さん(2年)。合計5名が受賞しました。


 【写真】最優秀賞(グランプリ)作品「愛の夢(リングピロー)」


【写真】受賞した学生たちと栄レースの方々との記念撮影

このコンテストは今年で9回目を迎えるもので、栄レース(株)が扱っているリバーレースを使用するという条件での作品づくりで、その内容を競います。今までにも服飾造形学類の多くの学生たちがコンテストに作品を出品してきました。今年の応募総数は65点でした。最優秀賞(グランプリ)の作品は2018年2月にパリで開催されるPremiere Vision(プルミエールビジョン)国際見本市(来場者約5万人・出展社約1700社)の栄レース株式会社様のブースに展示される予定です。

【写真左右】コンペと受賞式の様子。一人ひとり自分の作品のプレゼンテーションを行いました

栄レース株式会社:「世界のSAKAE」として、リバーレースの世界トップシェアのメーカーで、本学の服飾造形学類の卒業制作展・制作ショーをはじめ、様々な制作活動を支援していただいています。
投稿者: fukushoku 投稿日: 2017/12/12 10:22
12月5日、服飾造形学類の「パリ・サンディカ海外研修」(昨年と今年の2回実施済み)で学生たちがお世話になった、サンディカ校のグレゴリー先生が和洋女子大学を訪れました。グレゴリー先生は神戸に公用で来日されていたところ、「ぜひ帰国前に和洋女子大学に来て欲しい!」と本学の客員教授の齋藤統先生がセッティングしてくださり、和洋で学生たちとの再会が実現しました。 【写真】齋藤統客員教授とサンディカ校のグレゴリー先生 当日は、東館のラウンジむら竹の個室にて、ランチパーティーを開きました。昨年度と今年度の研修参加者の学生22名と、引率の鬘谷要教授、向井加寿子准教授、齋藤統客員教授でグレゴリー先生をお迎えしました。 【写真左右】ランチパーティーの様子 グレゴリー先生からは「みんなと和洋で、また会えてとても嬉しい」というご挨拶をいただき、皆で楽しいランチタイムを過ごしました。 【写真】岸田学長とグレゴリー先生 岸田学長もパーティーに参加し、大学名入りの切子グラスをグレゴリー先生にプレゼントしました。ランチパーティーの後、グレゴリー先生は服飾造形学類の教室や施設設備などを見学し、帰国のため羽田に向かいました。 <サンディカ校との学校間協定について> 2016年3月、本学とパリのオートクチュール協会 服飾専門学校 Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne(サンディカ校)との間に学校間協定が交わされ、2016年度より、服飾造形学類の学生たちが本場、パリのデザインと技術を学ぶことができる海外研修が行われることになりました。今年度は2回目の研修を実施しました。サンディカ校は1927年に創立。服飾の技術を学ぶ学校としては、世界でもトップクラスです。 服飾造形学類の学びについては こちらから 今年の「パリ・サンディカ海外研修」の様子は学類インフォメーションから! パリ・サンディカ海外研修の様子【1】 パリ・サンディカ海外研修の様子【2 ... 詳細...

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube