和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|服飾造形学専攻|ピックアップ!授業紹介

ピックアップ!授業紹介

ハイレベルな技術を習得

将来、本格的に「ものづくり」の道に進みたいと考える学生のために、「ファッション」に関するあらゆる工程とその意味を正確に理解できる教育を展開しています。「和裁」「洋裁」を学びの柱とし、それぞれを幅広く学ぶことも、1つを選んで深く学ぶことも可能です。平面作図から縫製、立体裁断、CAD、個別制作からアパレル企業における量産に至るまで、服飾の世界におけるあらゆる技術を学べるカリキュラムを用意しています。技術のみならず、学生一人ひとりのセンスや感性を引き出す指導で、「衣」を創造する人材を育てます。

  平面構成学実習Ⅲ

大裁女物ひとえ長襦袢を製作し、長襦袢の着用目的を理解します。長着と長襦袢との調和を地質・色彩・縫製の面から捕えることを学び、さらなる基礎技術の向上を計ります。

和服構成Ⅲ -1

ファッション画

かつては体型を整える下着だったコルセット。現代ではファッションの一部として表現されるようになっています。この授業では、体型に合ったパターンやデザイン、素材と着こなしについて考察し、実際にコルセットを制作。既成の表現にとらわれない、ユニークな発想力を磨きます。

服飾デザインⅠ

立体裁断Ⅰ・Ⅱ

スカート、シャツブラウス、テーラードジャケットなどの立体裁断を学ぶことを通じて、高い技術力と表現力を習得します。さらに応用として、さまざまなデザインのスカートやジャケットに発展させたパターンメイキングの手法を学びます。

ドレーピングⅡ

PICK UP 科目

アパレル生産実習Ⅱ

アパレルCAD実習Ⅱで作成したパターンを用いてジャケットを制作します。厚みのある素材の扱い方、アイロンワークによるくせとり方法、接着芯などの副資材についてなど、重衣料の基本的な知識と制作技術を身につけます。

被服材料学実験

アパレル製品の性能を把握するための基礎実験の原理と測定法を学びます。実際に用いられている実物試料を用いて実験を行い、測定法を理解した上で、現場で基本的な試験が実施できる力を養います。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube