教員プロフィール・研究分野

教員プロフィール・研究分野

総合生活研究科教員

総合生活専攻

大石恭子 准教授


【専門分野】
調理科学
【研究テーマ】
炊飯過程における米の成分変化と米飯の嗜好性に関する研究、加熱条件が調理成績に与える影響
【指導可能なテーマ】
 米や炊飯に関する研究、加熱調理機器に関する研究、官能評価を用いた調理品の解析

研究者情報システム


岡本由希 准教授


【専門分野】
食品科学
【研究テーマ】
食品を加工・保存することにより起こる食品成分変化を近赤外分光法により測定し、食品評価等に応用する研究
【指導可能なテーマ】
近赤外分光法を用いた食品成分の分析に関連するテーマ

研究者情報システム


鬘谷要 教授


【専門分野】
有機化学、色彩学、情報科学
【研究テーマ】
複雑な糖鎖のNMRによる構造解析、天然多糖の分子量制御による機能性発現、糖鎖分子の生理活性発現機構のコンピュータケミストリーによる解析、繊維の熱的挙動と機能性解析
【指導可能なテーマ】
化学、色彩、コンピュータの視点で取り扱うことが出来る様々な事象を研究対象とする。

研究者情報システム


金子健彦 教授


【専門分野】
皮膚科学、抗加齢医学、病理学、臨床栄養学
【研究テーマ】
幼年、若年から高齢者までを対象とし、抗加齢ないし健康寿命の延伸を目指す臨床研究ないし調査研究
【指導可能なテーマ】
機能性食品の摂取の皮膚科学ないし臨床栄養学的見地からの有用性の検討。
若年から高齢者までを対象とした食事摂取調査、生活習慣調査、体組成測定、耐糖能の評価、運動習慣の評価等、志願者の希望を踏まえて指導する。

研究者情報システム


熊谷優子 教授


【専門分野】
食品衛生学、公衆衛生学、微生物学
【研究テーマ】
食品リスク分析(リスク評価、リスク管理、リスクコミュニケーション)に関する研究
【指導可能なテーマ】
・食品リスクによる健康被害実態の推計及び食品寄与率に関する研究
・食品衛生管理手法に関する研究
・食品リスク認知、リスクコミュニケーションに関する研究

研究者情報システム


小林勉 特任教授


【専門分野】
住居学、建築計画、建築構法、建築プロジェクトマネージメント
【研究テーマ】
伝統建築(町家)研究・中国農村住居の変容など
【指導可能なテーマ】
衣食住環境分野の中で、すまいと環境については幅広く指導可能です

研究者情報システム


佐藤宏子 教授


【専門分野】
家族関係学、家族社会学、福祉社会学
【研究テーマ】
家族・地域の変容と高齢者のwell-being、人口減少社会における個人・家族・地域の共生システム
【指導可能なテーマ】
少子高齢化・格差の拡大・情報化・グルーバル化等による個人・家族・ライフスタイル・意識の変化に関する研究、生活構造・家族関係・生活福祉に関する研究

研究者情報システム


嶋根歌子 教授







 現在、公開準備中

庄司妃佐 教授


【専門分野】
社会福祉学、生涯発達心理学
【研究テーマ】
ソーシャルワークにおける演習教育、特別支援教室におけるチーム支援
【指導可能なテーマ】
ソーシャルワーク演習教育について、発達的視点からみた福祉専門職養成について

研究者情報システム


杉浦令子 准教授


【専門分野】
臨床栄養学、小児保健学
【研究テーマ】
日本人小児の体格評価に関する研究、身長・体重成長曲線と肥満度曲線を用いた小児肥満の栄養管理に関する研究、小児生活習慣病予防対策を目的とした栄養学的介入に関する研究
【指導可能なテーマ】
小児の体格評価指標、特に身長や体重のデータ解析、小児生活習慣病予防対策事業に関するデータ解析など小児保健に関わるテーマ

研究者情報システム


鈴木敏和 教授


【専門分野】
生化学、分子生物学、栄養学
【研究テーマ】
非必須栄養素の摂取と健康に関する研究、栄養素の吸収や機能の個人差に関する研究、抗肥満および抗生活習慣病効果をもたらす食品成分の機構解析
【指導可能なテーマ】
・カルニチン、コエンザイムQ10などの非必須栄養素の健康への効果
・栄養素吸収の個人差と遺伝子一塩基多型の関連
・食品成分の抗炎症、抗肥満、抗ガン効果およびその機構解析

研究者情報システム


鈴木葉子 教授


【専門分野】
小児科学、感染症学、感染制御および感染症疫学、予防接種
【研究テーマ】
集団保育における感染制御、感染症集団発生時の疫学調査、栄養と感染免疫、 集団保育開始年齢は何歳が適当か-感染症罹患頻度に関連して
【指導可能なテーマ】
保育園児を対象とした感染症罹患頻度、
およびアレルゲン除去食や偏食との関連

研究者情報システム


多賀昌樹 准教授


【専門分野】
臨床栄養学、応用栄養学、抗加齢医学、食育科学
【研究テーマ】
・機能性食品の臨床栄養への応用
・食品成分による抗糖化・抗酸化による抗加齢医学
・各ライフステージに合わせた疾患予防
・小中学生における睡眠と栄養との関係
【指導可能なテーマ】
機能性食品を用いた臨床研究、食品の機能を利用した栄養管理法の確立、食育活動の有用性の検討、小中学生の時間栄養学的な視点からの保健指導の提案

研究者情報システム


中島肇 教授


【専門分野】
応用微生物学、酪農微生物学、乳酸菌利用学
【研究テーマ】
伝統的な手法で作られているものを含めた発酵食品の生体調節機能やおいしさに係る乳酸菌や他の微生物の働きについて、泥臭い手法から比較的新しい手法を用いて研究しています。腸内細菌が機能発現かかわる食品成分の研究も一部行っています。
【指導可能なテーマ】
・ミルクにかかわる発酵食品、酪農乳製品について、微生物学的な手法や分析化学的な手法からアプローチする研究
・地域の伝統的な食品の特徴的な製造方法を科学的な視点から解明する研究

研究者情報システム


藤澤由美子 教授


【専門分野】
栄養教育、食育学
【研究テーマ】
・小児生活習慣病予防対策における栄養教育介入に関する研究
・ICTを用いた栄養教育の効果判定に関する研究
【指導可能なテーマ】
ライフステージに応じた栄養教育の実践とその効果に関する研究

研究者情報システム


古畑公 教授


【専門分野】
健康科学、公衆栄養学
【研究テーマ】
地域における健康栄養調査の評価手法について、特定保健指導における具体的手法について
【指導可能なテーマ】
地域における生活習慣、食習慣の実態について

研究者情報システム


湊久美子 教授


【専門分野】
運動生理学、運動栄養学
【研究テーマ】
運動習慣・食習慣と健康 運動と膵外分泌機能
【指導可能なテーマ】
運動習慣のある人(アスリート・中・高校生の運動部員等)の食生活に関する調査研究、運動習慣と食習慣のアセスメント用チェックシートの開発に関する研究、運動と膵外分泌機能に関する運動生理学的実験研究

研究者情報システム


本三保子 准教授


【専門分野】
栄養学、食品機能学
【研究テーマ】
食品の第三の機能である生体調節機能、特に糖尿病の予防に有効である食後血糖値上昇抑制作用について研究している。これまで効果の検討が十分に行われていない食品またはその成分について試験管内でのin vitro研究から実験動物や人を対象としたin vivo研究まで広く行っている。
【指導可能なテーマ】
食後血糖値上昇抑制作用が期待できる食品またはその成分について、実験動物や人を対象とした試験により解明する研究

研究者情報システム


柳澤幸江 教授







 現在、公開準備中

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube