和洋女子大学|大学院|総合生活研究科

研究科長挨拶

科学に基づく生活に関わる研究と
専門教育の拠点をめざして

総合生活研究科長 中島 肇

 

総合生活研究科は、衣食住に関する学問である家政学を基盤に、人間の生活全般にかかわる福祉の問題の探求を通した高度専門教育の場です。個人の生活に関わる福祉の問題を衣食住という三分野に加えジェンダー学の視点も含めて深化させてゆく軸と、健康や栄養の両面から人間の福祉を探求する管理栄養士の高度専門教育の軸での運営を行っていきます。
大学院として、学部教育を発展させる場として、強い研究力に基づいた知的探求の場としての大学院であることを求めていきます。また、これまで通りに「社会人で活躍する専門家」や「専門家をめざす方々」に開かれた大学院であり続けたいと考えています。教育現場や企業で活躍している社会人の方のスキルを体系化するための研究の場としての役割を果たすことを目指します。管理栄養士の高度専門教育の場としては、現場での実践経験の豊富な医師や管理栄養士による研究と教育を充実させていきます。
総合生活研究科では、世界で活躍できる人材を養成するために博士課程前期共通科目として英語によるアカデミックプレゼンテーションプログラムを行っております。
和洋女子大学大学院総合生活研究科で皆さんの専門性を高める研究を行ってみませんか。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube