学科インフォメーション

学科インフォメーション

国際学科

名前: kokusai01 作成日: 2020/03/27 11:02
国際学科のインフォメーション

投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/12/25 15:45
12月21日、国際学科の学生たちが、タイのペッチャブリ・ラーチャパット(Phetchaburi Rajabhat)大学の人間社会科学学部で観光やホテルなどについて学んでいる学生たちとZoomでのオンライン交流会を実施しました。今回、参加したのは国際学科の3年生4名、2年生2名、1年生1名の合計7名。国際学科の学生は英語とタイ語で日本の観光地、日本の四季、日本とタイのコンビニの比較、ラーメンの歴史などについて紹介しました。タイ語で発表を行った学生たちはタイマニアで、YouTubeでタイの音楽やテレビ番組を見たり、友人から教わったりして独学でタイ語を学んでいます。


【写真】Zoomでのオンライン交流会の様子

 
【写真左】国際学科の学生の発表①「日本の四季」
【写真左】国際学科の学生の発表②「ラーメンの歴史」


【写真】今回、参加したペッチャブリ・ラーチャパット大学の学生たちと教員。今回はこの教員が学生たちに日本語を指導してくださったそうです

また、ペッチャブリ・ラーチャパット大学の学生は、地元ペッチャブリの観光スポット、タイの祭り、タイの食文化、学生生活などについて英語と日本語で紹介しました。それぞれの発表に対して多くの質問が飛び交い、大盛況のまま終了しました。

 
【写真左】ペッチャブリ・ラーチャパット大学の学生の発表①「タイの祭り(ソンクラーン)」
【写真左】ペッチャブリ・ラーチャパット大学の学生の発表②「タイの食文化」

参加した国際学科の学生からは、「緊張したけれど、英語での発表ができてよかった」、「タイの大学での学びや学生生活を知ることができて楽しかった」、「コロナが終わったら実際に訪問したいと思った」といった感想がありました。そして、交流会の後はSNSのアカウントを交換してお互いに連絡を取りあっています。現在は、なかなか海外に行くことが難しい状況ですが、国際学科では、こうしたオンラインでの国際交流を今後も継続していく予定です。

今回のオンライン交流会は国際学科の板垣武尊助教の学生時代の友人がペッチャブリ・ラーチャパット大学で教鞭をとられていることから実現しました。

国際学科の学びについてはこちらから
国際学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/12/23 20:12
国際学科で力を入れている「PBL授業」。学生たちは「国際と関連をもつ企業との産学連携プログラムによる進行形の課題探求を行う」をキーコンセプトに航空・鉄道・ホテル等と連携して現場見学、共同企画等を行い、実践的な学びに取り組んでいます。2020年度は京成電鉄株式会社と共同し、京成電鉄沿線を舞台とした「和洋女子大学生が考える理想のデートコース」の企画を学生たちが考えています。

  
【写真左】「京成線デートコース」のプレゼンテーションの様子
【写真右】「年上彼氏とまったり歴史旅」のプレゼンテーションの様子

12月15日、和洋女子大学にて、京成電鉄株式会社の方たちを招いて、学生たちが考えたデートコースのプレゼンテーションを行いました。参加学生は専門ゼミⅠを履修する2年生28名。2~4名のグループに分かれて、パワーポイントで作成した資料を使いながら、それぞれのデートプランをプレゼンテーションしていきました。最後に、京成電鉄株式会社の方からも、ご感想と今後の課題についてお話しいただきました。

2019年、本学は京成電鉄株式会社と「和洋女子大学と京成電鉄株式会社との連携・協力に関する包括協定書」を締結。学生たちの産学連携プログラムやPBL授業にご協力いただいています。

<プレゼンテーションタイトル一覧>
A班:「たまにはのんびりしよう心の休息デート」
B班:「彼氏と下町散歩デート」
C班:「~下町でゆったり~のんびりデートプラン」
D班:「京成線デートコース」
E班:「幼馴染の彼と地元デート!~国府台-京成津田沼~」
F班:「年上彼氏とまったり歴史旅」「彼氏とのんびり地元デート」
G班:「友達以上の彼と勝負デート」
H班:「京成電鉄を使った少し大人なデートプラン✨」
I班:「和洋女子大学生が考える理想のデートコース♡~春のまったりデート~」
J班:「京成電車で巡る成田周辺満喫デート」

PBL(Project-Based Learning)授業
企業(鉄道会社、空港会社等)や自治体と提携し、社会に出て実際に体験・分析・企画等を行う実践的授業

国際学科の学びについてはこちらから
国際学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/12/11 15:21
国際学科では「ゼミ(演習)」での教育を重視し、すべての学生が1年生から4年生まで少人数のゼミに配属されます。2年生のゼミ(「専門ゼミI」)では専門分野を学ぶにあたっての基礎的スキルの習得をめざします。3年生のゼミ(「専門ゼミⅡ」)では指導教官の専門に合わせた研究を開始し、4年生のゼミ(「卒業研究」)では卒業論文の完成をめざします。これらのゼミは、社会・文化系の学術的な専門性を培うために行われます。 今回は 山下景秋教授 からのメッセージを中心に、国際学科の4年生対象「卒業研究」ゼミを紹介します。 【写真】オンラインでの卒論の個人指導の様子。今年の個人指導は、新型コロナウイルス感染症対策のため、文字データのやり取りは「manaba course」という教育システム(=多くの教育機関で採用されているクラウド型の教育支援サービス)、音声はライン、そして画像はZoomを使って行いました 我々の4年ゼミは「卒業研究」と呼ばれています。この4年ゼミでは、卒論(卒業論文)を書くことと、就職活動に関するアドバイスをすること、この2つが主な内容になります。卒論は、小学校・中学校・高等学校、そして大学と合計16年間の学習の集大成であり、成果となるべきものです。卒論は、テーマを自分で選び、そのテーマに関して自分で調べ、自分の頭で考えて、自分の力で書き上げるもの。「主体的に考える力の養成」に力を注いできた、国際学科のゼミの学習の集大成でもあります。 私はこの大学に赴任して以来、毎年、4年生の後期において、ゼミ生全員に対して毎週、卒論の個人指導を行ってきました。1人当たりの指導は平均1.5時間ぐらい。毎週、ゼミ生の人数分(今年は8人)の授業のコマ数が増えた勘定になり、私の負担は多少ありますが、一人ひとりに時間をかけられる分、効果はかなり高いと言えます。この個人指導では、私が質問した問題について学生が考えて答えねばなりません。教員と学生が問題を議論しながら、考察を深めていくのです。そうしていく中で、学生が行き詰まって悩んでいた部分が明確になり、卒論を書くことが容易になっていきます。また、私は、学生がこうして苦しんで書き上げた文章に関して、論文として一貫した論理で書かれているか、問題を深く考えているか、文章表現として分かり易い明瞭な書き方をしているか、章や節の設定や段落のつけかたが適正であるか、 ... 詳細...
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/12/01 17:10
国際学科では「ゼミ(演習)」での教育を重視し、すべての学生が1年生から4年生まで少人数のゼミに配属されます。2年生のゼミ(「専門ゼミI」)では専門分野を学ぶにあたっての基礎的スキルの習得をめざします。3年生のゼミ(「専門ゼミⅡ」)では指導教官の専門に合わせた研究を開始し、4年生のゼミ(「卒業研究」)では卒業論文の完成をめざします。これらのゼミは、社会・文化系の学術的な専門性を培うために行われます。


【写真】オンライン授業の様子

藤丸麻紀教授の「専門ゼミⅡ」は、経済学に関心のある学生が集まっています。2020年度は大学での対面授業と、ZoomやLINE WORKSを活用したリアルタイムオンライン授業、YouTube動画の授業を見て各自で作業を行うオンデマンドオンライン授業とを取り混ぜて行っています。



【写真】後期のオンライン授業の様子

この日はZoomでのゼミ。現在、学生たちは卒論のテーマを決めるための下調べをしているため、その結果を一人ずつ発表しました。発表の後はディスカッションをしたり雑談をしたり。授業の最後には教員(藤丸教授)が入らない「ブレークアウトセッション」を作って、学生だけの雑談の場も設け、自宅にいながらも学生同士がコミュニケーションをとれるようにしました。

また、国際学科では、ゼミと並行して、より実務的なスキルを学ぶPBL(課題解決型学習)のゼミがあり、学生は両方を受講します。

国際学科の学びについてはこちらから
国際学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/11/24 9:29
「英語集中プログラム」は国際学部のプログラムとして、国際学科・英語コミュニケーション学科、それぞれの学科インフォメーションで紹介しています。 国際学部での英語集中プログラム 2020年4月から新設された国際学部では、グローバル社会で通用するコミュニケーション力と実践的な英語力を学生たちが習得することをめざしています。そのため、学部の1、2年生には「英語a/b」、「英語演習a/b」、「実践英語Ⅰ・Ⅱ-a/b( 英語コミュニケーション学科 )」「専門実践英語Ⅰ・Ⅱ( 国際学科 )」などの授業を通して、学生たちが英語の4技能をバランスよく伸ばせるような英語の集中プログラムを展開しています。英語を母国語とするネイティヴスピーカー教員による授業と、英語に関する豊富な知識を有する日本人教員による授業の両方がバランスよく組み合わされていることによって、両方の良い所を味わうことができるのが国際学部の集中プログラムの特徴です。 授業紹介 「英語演習a」 ダラ・ラングレイ先生 (国際学科・英語コミュニケーション学科所属)が担当する「 英語演習a 」の授業では、流暢なスピーキングの向上をめざし、同時にベーシック・ライティングのスキルをつけるとともに、海外へ行く準備も行います。「外国へ行ったときに自信を持って英語を使えること」「人前で英語スピーチができるようになること」を目標としています。授業はペアワークやグループワークを基本として行われ、学生は授業中には英語のみで話すことが課せられます。そうすることで、英語コミュニケーションに対する意欲を向上させ、スピーキングの力を高めます。 【写真】「英語演習a」で会話を楽しむ先生と学生(2020年11月) 「英語演習b」 内田翔大先生 (国際学科・英語コミュニケーション学科所属)が担当する「 英語演習b 」の授業では、実際に海外へ旅行や留学に行った際に英語でコミュニケーションが取れるように、観光英語のテキストを使用して海外の様々な場面での英語表現を学習します。空港・飛行機の機上・ホテル・レストランなど様々な場面で用いる英語の語彙や表現を学習し、実際にクラスメイトとペアになって、観光客と現地の人に分かれてのロールプレイング型の会話の練習などを行います。リスニングやスピーキングだけでなく、文法や英作文も適宜に取り入れることで、自分の言いたい ... 詳細...
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/11/20 13:37
11月15日、青戸商店会連合会主催「 第3回まちあそび人生ゲームin葛飾 (リアル人生ゲーム)」が開催されました。国際学科では2018年の第1回目からイベントで使用するマップ作りや当日の手伝いに携わっています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で開催も協力も危ぶまれましたが、参加店舗数、参加者数ともに例年よりも抑え、開催方法も変更して、感染防止対策を十分に講じた上で開催することが決定。大学としても協力方法を十分に検討した上でPBL(Project Based Learning)授業の一環としての重要性も考え、今年も協力することになりました。 【写真】企画会議や取材の様子 協力したのは「専門ゼミI(B)」「PBLゼミ」(担当: 藤丸麻紀教授 )を受講している2年生26名。学生たちは6チームに分かれて、チームごとに、まずはマップの「テーマ」「ストーリー」「登場人物」などを考えました。次に、各チームの案の中から選ばれたテーマなどに合わせて、各店舗からのキーワードをもとに、マップの一コマ一コマの文章を考えていきました。初めのうちはオンラインの掲示板での話し合いを中心にグループワークを進めたこともあり、進行がとても大変でした。チームの代表者は、店舗への取材や、企画会議への参加も行いました。 【写真】完成したマップと当日の学生たちの様子 イベント当日は暖かい晴天に恵まれ、青砥駅周辺のかなり広いエリアを、マップを片手に歩き回る家族連れが多く見られました。学生たちの中から有志が受付のお手伝いもしました。マスク、フェースシールド、消毒、検温など、十分に感染防止対策を取りながら、商店会連合会の方達とイベントを運営する経験ができて、学生たちからも「とてもよかった」という感想がありました。「今年のマップはとても評判がいい!」とお褒めの言葉も頂きました。 国際学科では、PBL授業として企業や自治体などと協力して、企画作成、提案、実施協力などを通じて国際ビジネス力を身につける実践的な学びを重視しています。 「まちあそび人生ゲームin葛飾」とは? 葛飾区の京成青砥駅周辺で開催される、商店街の店舗を人生ゲームのマスに見立てて楽しむイベントが「まちあそび人生ゲームin葛飾(リアル人生ゲーム)」。主催は青戸商店会連合会で、「人生ゲーム」を制作している株式会社タ ... 詳細...
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/11/17 14:00
国際学科では、「ゼミ(演習)」での教育を重視し、すべての学生が1年生から4年生まで少人数のゼミに配属されます。2年生のゼミ(「専門ゼミ1」)では専門分野を学ぶにあたっての基礎的スキルの習得をめざします。3年生のゼミ(「専門ゼミⅡ」)では指導教員の専門に合わせた研究を開始し、4年生のゼミ(「卒業研究」)では卒業論文の完成をめざします。これらは、社会・文化系の学術的な専門性を培うために行われます。

 
【写真左右】Zoomを使用した遠隔授業の様子

専門ゼミⅠ」は、2年生向けの演習科目で、専門分野を学ぶ大学生として必要なプレゼンテーションなどのスキルを伸ばすとともに、社会科学に関わる専門知識を身に着けることをめざします。ゼミでは、担当教員の杉浦功一教授の専門が国際関係論であることから、それに関連する資料をもとに発表やディベートを行っています。今期は、新型コロナウイルス感染症の影響で、ゼミも前期はすべて遠隔授業になり、Zoomを活用したリアルタイムの授業を行いました。

 
【写真左右】対面授業の様子

後期は、遠隔授業と大学での対面授業を交互に行っています。前期は国際関係についての映画の発表、後期は画像にあるように、国際関係に関わる人物の本を読んでの発表を中心とした内容になっています。授業ではレジュメを作成して発表し、それを受けて教員がコメントをしたり、学生同士で話し合ったりしています。インターネットのサイトを直接見せたり、参考画像・動画を見せたりといった、遠隔ならではのプレゼンテーションをする学生もいます。対面授業の方でも、目の前に人がいる緊張感とともに、プレゼンテーションが行われています。

また、国際学科では、ゼミと並行して、より実務的なスキルを学ぶPBL(課題解決型学習)のゼミがあり、学生は両方を受講します。

国際学科の学びについてはこちらから
国際学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/11/16 13:33
「 グローバルスタディーズ入門B (1年次必修、専門教育科目)」は、1年次前期に履修する「 グローバルスタディーズ入門A (1年次必修、専門教育科目)」とともに、国際社会文化の分析を中心とする、国際学科の専門科目を本格的に学んでいく上で必要な基礎的な知識を学ぶための入門科目です。国際社会を全体的に捉えるためには、国際社会全体のグローバルなつながりに着目すると同時に、世界の各地域の多彩な文化・生活に着目する必要があります。前期の「グローバルスタディーズ入門A」では主にグローバルなつながりについて学び、後期の「グローバルスタディーズ入門B」では主に比較を通して世界各地域の社会的・文化的特徴について分析する方法を学びます。   【写真左右】 里正明伍教授 の授業の様子。換気やマスク着用など、充分な安全確保措置の上、対面授業で実施 この授業は3名の教員(里正明伍教授・ 金丸裕志教授 ・ 板垣武尊助教 )のオムニバス形式で行います。授業では世界各地域における様々な社会文化を比較しながら概説することで、当該地域文化から国家のあり方に至る諸現象についての基礎的な理解を深めていきます。主に生活文化や移民の問題、民族・宗教間対立、集団文化などの考察を行います。 授業では、主に、日本、中国大陸、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、ルワンダ、フィジー、スリランカなどの国をとりあげ、ビジュアル資料(パワーポイント)とワークシートを使って、理解を深めると同時に思考力を鍛えます。 「日本と中国を比較する」授業でとりあげるテーマ ①身近な社会現象の比較として日本と中国の伝統的な住居をとりあげ、その背景にある人間関係の異同を考える ②家族、地域共同体、会社組織などの比較を通して、それぞれの特徴を整理する ③「恥」をキーワードに、日本と中国にける価値意識の異同と、その根源について考える 「世界各国における中華街を比較する」授業でとりあげるテーマ ①世界各国に誕生した「中華料理」を比較することによって、文化伝播と受容に関する基礎的な考え方を学習する ②空間現象としての中華街を比較することによって、中国文化の多様性について理解する ③観光資源としての中華街を比較することによって、中国へのまなざしについて考察する ... 詳細...
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/10/16 11:11
2020年春に新設された国際学部 国際学科。国際的教養と高い語学力・国際コミュニケーション能力を身につけながら、国際交流や観光に関する知識と技術を学んでいくカリキュラムを用意し、航空、旅行、観光、国際ビジネスなど幅広い分野で活躍できる人材育成をめざします。

国際学科の特長的なカリキュラムの一つに、PBL(Project Based Learning:課題解決型学習)の授業があります。1~3年生まで設けられたPBLのゼミでは、企業などと連携して企画やボランティアに参加することで、実際の現場での課題解決やプランニングを学んでいきます。今回は成田空港 や京成電鉄とのプロジェクトに参加した学生のインタビューをご紹介します。

「PBL(企業との連携プロジェクト)について学生に聞く」


「PBL(企業との連携プロジェクト)について学生に聞く Part2」


国際学科の学びはこちらから
投稿者: kokusai01 投稿日: 2020/10/12 13:03
2020年春に新設された国際学部 国際学科。国際的教養と高い語学力・国際コミュニケーション能力を身につけながら、国際交流や観光に関する知識と技術を学んでいくカリキュラムを用意し、航空、旅行、観光、国際ビジネスなど幅広い分野で活躍できる人材育成をめざします。

昨今はコロナ禍で海外への渡航が難しくなり、以前の留学送り出しの状態と同じようになるまではまだ時間がかかりそうです。安定するまでの間、海外へ留学していた学生の体験談を聞いて、イメージを膨らましてみるのはいかがでしょう。今回は、韓国ソウル市立大学とアメリカポートランド州立大学へ留学した学生の体験談をご紹介します。

「韓国ソウル市立大学 韓国留学体験を聞く」


「アメリカポートランド州立大学 留学体験学生からのメッセージ」


国際学科では、実践的なPBL(Project Based Learning)授業によって、企業や自治体と提携し、国際文化交流や地域・企業が抱える課題について、社会に出て実際に体験・分析・企画・プレゼン等を行う力を養います。また、ネイティヴスピーカー教員などの授業により異文化コミュニケーションの力を養います。
  
国際学科の学びはこちらから
1 2 >>

ブログカレンダー

アーカイブ
<2021年1月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年7月
2020年6月
2020年5月

ブログ内検索

ブログ管理

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube