学科インフォメーション

学科インフォメーション

国際学科

11 20

投稿者: kokusai01
2020/11/20 13:37

11月15日、青戸商店会連合会主催「第3回まちあそび人生ゲームin葛飾(リアル人生ゲーム)」が開催されました。国際学科では2018年の第1回目からイベントで使用するマップ作りや当日の手伝いに携わっています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で開催も協力も危ぶまれましたが、参加店舗数、参加者数ともに例年よりも抑え、開催方法も変更して、感染防止対策を十分に講じた上で開催することが決定。大学としても協力方法を十分に検討した上でPBL(Project Based Learning)授業の一環としての重要性も考え、今年も協力することになりました。


【写真】企画会議や取材の様子

協力したのは「専門ゼミI(B)」「PBLゼミ」(担当:藤丸麻紀教授)を受講している2年生26名。学生たちは6チームに分かれて、チームごとに、まずはマップの「テーマ」「ストーリー」「登場人物」などを考えました。次に、各チームの案の中から選ばれたテーマなどに合わせて、各店舗からのキーワードをもとに、マップの一コマ一コマの文章を考えていきました。初めのうちはオンラインの掲示板での話し合いを中心にグループワークを進めたこともあり、進行がとても大変でした。チームの代表者は、店舗への取材や、企画会議への参加も行いました。


【写真】完成したマップと当日の学生たちの様子

イベント当日は暖かい晴天に恵まれ、青砥駅周辺のかなり広いエリアを、マップを片手に歩き回る家族連れが多く見られました。学生たちの中から有志が受付のお手伝いもしました。マスク、フェースシールド、消毒、検温など、十分に感染防止対策を取りながら、商店会連合会の方達とイベントを運営する経験ができて、学生たちからも「とてもよかった」という感想がありました。「今年のマップはとても評判がいい!」とお褒めの言葉も頂きました。

国際学科では、PBL授業として企業や自治体などと協力して、企画作成、提案、実施協力などを通じて国際ビジネス力を身につける実践的な学びを重視しています。

「まちあそび人生ゲームin葛飾」とは?
葛飾区の京成青砥駅周辺で開催される、商店街の店舗を人生ゲームのマスに見立てて楽しむイベントが「まちあそび人生ゲームin葛飾(リアル人生ゲーム)」。主催は青戸商店会連合会で、「人生ゲーム」を制作している株式会社タカラトミーが葛飾区に本社があることから実現したコラボイベントです。

国際学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログカレンダー

アーカイブ
<2020年11月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
月別の過去ログ
2020年11月
2020年10月
2020年7月
2020年6月
2020年5月

ブログ内検索

ブログ管理

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube