学科インフォメーション

学科インフォメーション

英語コミュニケーション学科

名前: eikomi 作成日: 2020/03/27 11:12
英語コミュニケーション学科

投稿者: eikomi 投稿日: 2020/08/03 13:40
英語コミュニケーション学科の坪野圭介助教が、現在発売中の集英社の季刊誌『 kotoba 』(2020年夏号、スティーヴン・キング特集)に、「マクロに読む/ミクロに読む——キングの小説作法」という記事を寄稿しています。 坪野助教にスティーヴン・キングの作品との出会いや魅力について、お話していただきました。 ■スティーヴン・キングとの出合い はじめてスティーヴン・キングの作品に触れたのは、テレビ映画版の『IT』(1990)だったと思います。小学生の頃に観て、神出鬼没のピエロ、ペニーワイズがあまりに怖くて完全にトラウマになりました。同じ頃、映画版の『スタンド・バイ・ミー』(1986)を金曜ロードショーか何かで観て、そこで描かれる冒険がまるで自分の冒険であるかのような高揚感を覚えました。主題歌であるベン・E・キングの同名曲のベースラインを聴くと、今でもその感覚がよみがえります。すこし後になって、まったく印象の異なるふたつの映画の原作を書いたのが同じ人物だと知って、衝撃を受けました。それで、スティーヴン・キングという作家に興味をもち、小説も読み耽るようになりました。 ■キング作品の魅力 『IT』、『スタンド・バイ・ミー』、『ショーシャンクの空に』(1994)、『グリーンマイル』(1999)などの映画化作品だけからもわかるように、キングの物語はとても多彩です。ホラーからファンタジー、SF、リアリズムまで、さまざまなジャンルを書き分け、いずれの作品世界にも読者をぐいぐい引き込むストーリーテリングの力が何よりの魅力だと思います。その一方で、キング作品には、少年少女時代の記憶、郊外の荒んだ小さな町、痛みや恐怖という感覚など、くりかえし出てくるモチーフがあり、それらはたいてい誰の奥底にもひっそり存在している要素でもあります。懐かしいような思い出したくないような、そういう微妙なポイントを鋭く刺激してくるところこそ、キング作品が「いつもなんだか」気になってしまう理由なのではないかと考えています。 坪野助教は2020年4月より、和洋女子大学に新設された国際学部 英語コミュニケーション学科に着任。専門はアメリカ文学・文化。主な担当科目は文芸翻訳、英米文学史基礎、英語演習です。 坪野圭介助教のプロフィールは こちらから 英語コミュニケーション学科の学びに ... 詳細...
投稿者: eikomi 投稿日: 2020/06/09 11:26
現在、和洋女子大学のYoutubeアカウントにて、全9学科の紹介動画を公開中!
英語コミュニケーション学科の動画をまとめました。
※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました
※2020年4月より、国際学部(英語コミュニケーション学科・国際学科)を開設しました
YouTube

英語コミュニケーション学科 動画

和洋女子大学 国際学部 英語コミュニケーション学科 学科説明
和洋女子大学 国際学部の国際体験学習について
留学経験ある卒業生からのメッセージ

英語コミュニケーション学科の学びについてはこちらから

投稿者: eikomi 投稿日: 2020/06/09 11:25
昨年9月より国際学科の学生たちが「海外セミナー(中期・長期留学プログラム)」という科目を利用して、アメリカのポートランド州立大学へ語学留学に行っています。今回は、国際学科 国際社会専攻2年生の佐々木さんからのポートランドでの留学生活レポートを紹介します。 ■留学5カ月目、もう留学生活も慣れました!お気に入りのスポットを紹介します 【写真】日々をともにしているベトナム人・中国人・日本人の仲良しグループ 私が友人たちとよく行く場所は、間違いなくタピオカやさんです!日本にもたくさんあって、ブームですね。留学前からわたしもタピオカが大好きで、アメリカ渡航前、「タピオカとはしばらくお別れだ」と、成田空港で最後のタピオカの味を噛みしめました。しかし、なんと嬉しいことにここポートランドの大学の周りにも、タピオカやさんがたくさんありました!友達とどのお店のタピオカが美味しいか、安いかなどコスパを分析したり、訪れたタピオカやさんでUNOをしたり、と楽しい日々を送っています。 【写真】仲良しのベトナム人とタピオカやさんで撮った写真 一緒に留学生活を楽しんでいる仲良しグループには、ベトナム人と中国人の友達がいます。自分と同じく留学生である彼女らとは、渡航後に最初に参加するオリエンテーションで出会いました。タピオカ片手に英語を使用して、それぞれの国の文化や恋の話をするのが毎日の楽しみです。 ■5カ月間で一番楽しかったイベントはクリスマス! 留学生活で1番楽しかったイベントはクリスマスです。街中が綺麗なイルミネーションでいっぱいになるアメリカでは、クリスマスを家族で過ごし、新年は恋人と過ごすという文化があります。私もホストファミリーとクリスマスを過ごしました。 【写真】ホストファミリーとイルミネーションに行った際の写真 ホストマザーからプレゼントされたアドベントカレンダーで、ホストファミリーと一緒に毎日クリスマスへのカウントダウンをしました。また、カレンダー以外にもホストマザーが私に家族お揃いのクリスマスパジャマをプレゼントしてくれて、本当に嬉しかったです。クリスマス当日はなんとサンタさんが家に来てくれて会うことができ、プレゼントもたくさんもらえて、本当に楽しいイベントとなりました。   【写 ... 詳細...

ブログカレンダー

アーカイブ
<2020年8月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2020年8月
2020年6月

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube