学科インフォメーション

学科インフォメーション

英語コミュニケーション学科

名前: eikomi 作成日: 2020/03/27 11:12
英語コミュニケーション学科

投稿者: eikomi 投稿日: 2020/11/24 9:50

「英語集中プログラム」は国際学部のプログラムとして、英語コミュニケーション学科・国際学科、それぞれの学科インフォメーションで紹介しています。

国際学部での英語集中プログラム

2020年4月から新設された国際学部では、グローバル社会で通用するコミュニケーション力と実践的な英語力を学生たちが習得することをめざしています。そのため、学部の1、2年生には「英語a/b」、「英語演習a/b」、「実践英語Ⅰ・Ⅱ-a/b(英語コミュニケーション学科)」「専門実践英語Ⅰ・Ⅱ(国際学科)」などの授業を通して、学生たちが英語の4技能をバランスよく伸ばせるような英語の集中プログラムを展開しています。英語を母国語とするネイティヴスピーカー教員による授業と、英語に関する豊富な知識を有する日本人教員による授業の両方がバランスよく組み合わされていることによって、両方の良い所を味わうことができるのが国際学部の集中プログラムの特徴です。

授業紹介

「英語演習a」

ダラ・ラングレイ先生(国際学科・英語コミュニケーション学科所属)が担当する「英語演習a」の授業では、流暢なスピーキングの向上をめざし、同時にベーシック・ライティングのスキルをつけるとともに、海外へ行く準備も行います。「外国へ行ったときに自信を持って英語を使えること」「人前で英語スピーチができるようになること」を目標としています。授業はペアワークやグループワークを基本として行われ、学生は授業中には英語のみで話すことが課せられます。そうすることで、英語コミュニケーションに対する意欲を向上させ、スピーキングの力を高めます。


【写真】「英語演習a」で会話を楽しむ先生と学生(2020年11月)

「英語演習b」

内田翔大先生(国際学科・英語コミュニケーション学科所属)が担当する「英語演習b」の授業では、実際に海外へ旅行や留学に行った際に英語でコミュニケーションが取れるように、観光英語のテキストを使用して海外の様々な場面での英語表現を学習します。空港・飛行機の機上・ホテル・レストランなど様々な場面で用いる英語の語彙や表現を学習し、実際にクラスメイトとペアになって、観光客と現地の人に分かれてのロールプレイング型の会話の練習などを行います。リスニングやスピーキングだけでなく、文法や英作文も適宜に取り入れることで、自分の言いたいことを英語の文章として伝えられる力を伸ばしていきます。

 
【写真左右】「英語演習b」で文法説明をする内田先生とオンラインで授業を聞く学生たち(2020年11月)

英語コミュニケーション学科の学びについてはこちらから
国際学部の学びについてはこちらから
英語コミュニケーション学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから
投稿者: eikomi 投稿日: 2020/11/11 9:30
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、学内での課外学習活動が制限された2020年度の夏休み。学生たちにオンラインでの学習機会を活用してもらうことを目的とし、英語コミュニケーション専攻の専任教員主導による様々なオンラインプログラムを行いました。
  1. Travelling abroad online(ラングレイ先生&外部講師)
  2. Online lecture(坪野先生)
  3. 学生のリクエストに基づいた追加セッション(オーラ先生&ラングレイ先生&山本先生)

1. Travelling abroad online

和洋女子大学の専任教員であるラングレイ先生および外部講師による、「海外旅行」をテーマとした英会話レッスンを行いました。新型コロナウイルス感染症流行の影響で海外旅行ができない中、英語圏出身の先生方に出身国の紹介を交えた英会話レッスンをしていただきました。ZoomやGoogle formを活用し、双方向型の授業展開を行うことで、学生たちの積極的な参加を促しました。レッスンは合計4回、行いました。


2. Online lecture

坪野圭介助教が「翻訳の仕事と楽しみ」というタイトルでレクチャーを行いました。書籍翻訳の仕事のプロセスや作業の様子などを、実際の企画書・原稿・書籍などを見せながら、学生たちに説明。後半のQ&Aセッションでは、参加者から多数の質問が寄せられました。英語を活かせる職業のひとつである翻訳者という仕事に対して、学生の関心が非常に高いことが伺えました。

3.学生のリクエストに基づいた追加セッション

Travelling abroad online参加者の学生より、継続した学習機会を提供してほしいというリクエストがあり、急遽9月下旬にオンライン上で追加のセッションを行いました。学生が意欲的に希望を出してくれることは非常に良いことであり、今後、学生の主体的な学びを学内のグローバル・ラウンジ等で実践する上でも、学生の声を反映させることで、より効果的な学びの場が提供できるようになることでしょう。追加のセッションとして、下記の内容を行いました。

留学体験Q&A(山本先生)
Movie English(ラングレイ先生)
Ordering in English(オーラ先生)
Zoom mates(オーラ先生)


【写真】オーラ先生のセッションの様子

英語コミュニケーション学科の学びについてはこちらから
英語コミュニケーション学科の教員紹介動画はこちらから
投稿者: eikomi 投稿日: 2020/11/04 16:09
2020年度、春から新設された国際学部 英語コミュニケーション学科では、国際社会で通用するコミュニケーション力と実践的な英語力を学生たちが習得することをめざしています。そのため、英語を母国語とするネイティヴスピーカー教員の授業を豊富に用意し、学生たちが生きた英語を学べるカリキュラムを展開しています。 1年次の選択科目「 トラベル・イングリッシュ 」はイギリス出身の ダラ・ラングレイ特任講師 (国際学科兼任)の授業。ダラ先生ご自身による授業紹介とインタビューを英語でお伝えします!(日本語版は こちらから )   【写真】オンライン授業でのダラ先生。左の写真の背景は和洋女子大学のグローバル・ラウンジ ■「トラベル・イングリッシュ」の授業内容について Students will gain the English proficiency required for overseas travel or for tourism-related work. In class students practice conversations and role-playing of common tourism and travel situations. They develop the ability to convey information and intentions in English accurately and politely. The achievement target of the course is to learn necessary words and phrases in travel, aviation, hotel work, etc. so that conversations and document preparation can be carried out smoothly. 【写真】ダラ先生と英語で談笑する学生たち(2019年撮影) ■ダラ先生が考える英語の上達方法! I think for Japanese University students a focus on output (Writing & Speaking) is an effective way for students to improve their skills. Most students have 6 years English study before University, so they have a good level of English. What they need to do is develop their speaking fluency and written communication ability so that they can use English as part of their future career. ■和洋女子大学の学生の特長、良いところ There are two points that I think make Wayo a great place for students. Firstly, whenever I walk around campus, I always hear laughter. I think it must be a relaxing place where students can enjoy being themselves with their friends. Secondly, from my professional opinion, I think the career support for students is excellent. Many students are able to discover and achieve their dream jobs with the support of the Career Center and their department’s Professors.   【写真】ダラ先生と英語で談笑する学生たち(2019年撮影) ■大好きな国はどこですか? My favorite country to visit is Vietnam. One reason is the people are genuinely warm and friendly. They have good family values and they all love to smile. Another reason is the landscape is beautiful, so it is a wonderful place to travel in. Finally, the food is a wonderful mix of French and Asian cuisine. ■日本の好きなところや好きな場所、食べ物はなんですか? My favorite food is Soba because it is simple and healthy. Also, I can enjoy cold soba in the summer and hot soba in the winter, so I can eat it all year round. I like to travel in Nagano, Niigata, Tochigi, and Gunma, and I am happy when I can find hand-made soba shops. ■座右の銘または好きな言葉 My favorite quote is from my favorite book. It is “There is always one moment in childhood when the door opens and lets the future in.” I think one of my roles as a teacher is helping students open doors of opportunity. ■ダラ先生の趣味はなんですか? My hobby is Cycling. There are cycle paths on the Arakawa and Edogawa, so I can enjoy the exercise, fresh air, and solitude of cycling. Or sometimes I can cycle with my friends somewhere to enjoy lunch together. 英語コミュニケーション学科の学びについ ... 詳細...
投稿者: eikomi 投稿日: 2020/11/04 16:04
2020年度、春から新設された国際学部 英語コミュニケーション学科では、国際社会で通用するコミュニケーション力と実践的な英語力を学生たちが習得することをめざしています。そのため、英語を母国語とするネイティヴスピーカー教員の授業を豊富に用意し、学生たちが生きた英語を学べるカリキュラムを展開しています。

1年次の選択科目「トラベル・イングリッシュ」はイギリス出身のダラ・ラングレイ特任講師(国際学科兼任)の授業。ダラ先生ご自身による授業紹介とインタビューをお伝えします!(英語版はこちらから

 
【写真】オンライン授業でのダラ先生。左の写真の背景は和洋女子大学のグローバル・ラウンジ

■「トラベル・イングリッシュ」の授業内容について
海外旅⾏や観光関連の仕事についた時に必要な英語の運⽤能⼒を高める科目です。授業で学生は、観光や旅行でよく使われる会話やロールプレイを練習します。情報や意⾒を英語で正確に且つ丁寧に伝える⼒を養います。旅⾏業、航空業、ホテル業等で必要な語句を学び、会話、書類作成をスムーズに行うことを目標にします。


【写真】ダラ先生と英語で談笑する学生たち(2019年撮影)

■ダラ先生が考える英語の上達方法!
日本の学生が英語を上達させるには「発信する力」を高めていくのが重要だと思います。発信とは、書くことや話すことです。学生たちは、大学入学の時点でそれまでに6年間の英語学習の蓄積がありますから、優位に立っていますよね。ですから、書いたり話したりする能力を高め、コミュニケーション力を磨いていくことができれば、将来のキャリア形成にも役立つだろうと思います。

■和洋女子大学の学生の特長、良いところ
私が和洋の中で特にいいと思うところは2つあります。1つ目は、キャンパスのどこにでも笑い声が溢れていることです。これは学生たちが気の置けない友達と一緒に学生生活を楽しんでいる証拠だと思いますね。2つ目ですが、教員から見て、本学のキャリア形成に関する支援はとても手厚いと思います。多くの学生たちは、進路支援センターや各学科の教員の支援を受けて、自分のやりたい職業を見つけたり、夢に抱いていた仕事に就くことができています。

 
【写真】ダラ先生と英語で談笑する学生たち(2019年撮影)

■大好きな国はどこですか?
私はベトナムを旅行するのが好きです。ベトナムの人たちは本当に温かくて思いやりがあると思います。また、家族を大切にしますし、よく笑う人たちですね。さらに、息を呑むような美しい風景があちこちに広がっています。そしてもちろん、フランス料理とアジア料理が見事に組み合わさったベトナム料理を楽しめるところも、大きな魅力の一つですね。

■日本の好きなところや好きな場所、食べ物はなんですか?
私はお蕎麦が大好きです。シンプルで健康的ですからね。さらに、夏には冷たいお蕎麦、冬には温かいお蕎麦と、一年中楽しめるところも気に入っています。私は長野や新潟、栃木や群馬などを旅行するのが好きなのですが、それらの地域ならではの手打ちそば屋を見つけたりすると、もう最高ですね。

■座右の銘または好きな言葉
私の愛読書にこんな言葉があります。「子どもの頃には、ドアが開いて未来を招き入れる瞬間が常にある」。教員としての私の役割の一つは、学生たちが未来の可能性へのドアを開ける手助けだと思っています。

■ダラ先生の趣味はなんですか?
私の趣味はサイクリングです。荒川沿いや江戸川沿いのサイクリングロードがあるので、そこで独り黙々と自転車のペダルを漕いで、新鮮な空気を楽しみながら運動しています。時々は友人と並んで自転車を走らせて、ランチを楽しんだりもします。

英語コミュニケーション学科の学びについてはこちらから

ブログカレンダー

アーカイブ
<2020年11月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
月別の過去ログ
2021年1月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年6月

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube