和洋女子大学|学部・学科|国際学科|学科ブログ

旧 国際学科(英語文化コミュニケーション専攻・国際社会専攻)インフォメーション

06 22

投稿者: kokusai
2015/06/22 15:28

6月20日(土)、国際社会専修の講演会が行われました。
スローフード・ジャパン副会長の石田雅芳氏より 「スローフード協会のあゆみ」と題してお話しをうかがいました。

石田さんは大学でイタリア近代美術を研究されたあと、長らくイタリアで生活される中で、イタリア発祥のスローフード運動に参加されました。
「スローフードとは『思想』。それもとってつけたような思想ではなくて、ただ『美味しいものを持続的に食べたい』という思想なのです」と石田さん。
グローバル化で工業化され、画一化されつつある食に対抗し、伝統のある地域の食材を地域の調理で食べる、といった考えを実践しているのがスローフード運動。
「でも実際は、美味しいもの好きが、ただひたすら食べているという活動なんですよ」。石田さんは冗談交じりにおっしゃいます。

  

ふんだんな写真を交えて、石田さんがこれまでスローフードの活動の中で食べてこられたさまざまな「美味しいもの」のお話しを昼食前の時間に聞くのはちょっとつらかったですが、たいへんたのしいお話しでした。


Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube