和洋女子大学|学部・学科|国際学科|学科ブログ

国際学科インフォメーション

国際学科

02 25

投稿者: kokusai
2020/02/25 18:25

昨年10月より、国際学科の学生たちが「海外セミナー(中期・長期留学プログラム)」という科目を利用して、オーストラリアのクイーンズランド州ゴールドコーストにあるボンド大学へ語学留学に行っています。今回は、国際学科 英語文化コミュニケーション専攻2年生の関帆乃香さんからの留学レポートを紹介します。


【写真】コアラとのツーショット♪

■授業ではスピーキング力を身につけることに重点を置いています!
後半のターンよりレベル3から4に上がり、スピーキング重視の授業になりました。スピーキング力は自分にとって一番、必要だと感じている分野なので、毎日、苦戦しながらも頑張っています。その中で特に気に入っているのは、毎週、金曜日にクラスで洋画を観る授業! 「Modern Family」というドラマを観ながら、英語を学んでいます。毎回、アクティビティを通して内容を頭に入れてからドラマを観るため、内容が理解しやすくなっています。また語学だけでなくドラマの内容についても学べるので、とても楽しい時間です。反対に大変な授業は、「テレビのニュースを相手に説明する」内容のクラスです。内容が分かっていても、それを英語で相手にうまく伝えられなくて、毎回、苦戦しています。ですが、グループ内でお互いのニュースをシェアする為、様々なニュースについて知ることができます。また、この授業でもスピーキング力が身につくので大変ですが、やりがいを感じながら学んでいます。

 
【写真左】レベル4のクラスメイト。前方の3人が卒業する時に皆で記念撮影
【写真右】仲の良いクラスメイトたちとランチ。右端が一番の仲良しのJuliana!

■オーストラリアで大切な友達ができました
周りの良い環境のおかげで、異国の友達が沢山できました! また、現在3つの部活動(毎週月曜に活動するConversation Club、毎週火曜、木曜の朝に活動するRun Club 🏃♀️、毎週水曜の放課後に活動するTouch Club)に参加している為、そこでも新しい友達がどんどん増えています。その中でも一番仲の良い友達は、クラスメイトでブラジル人のJulianaです。出会った当初は仲良くなれるか心配でした。けれど、会話をしていく中で趣味が似ていたり、話があったりしたことで、もっと相手のことを知りたいという気持ちが湧いてきました。今では、ほぼ毎日を一緒に過ごし、どんなことも相談ができる、心から信頼している大切な友達です。休日は一緒にビーチやホームパーティー、ショッピングなどへ出かけたりして、日々、沢山の楽しい思い出を作っています。

 
【写真】一番仲良しの友人のJuliana! 大切な友達です
【写真】Julianaとその友人たちとのホームパーティー

また、Julianaの友人たちとも仲良くなることができて、今では共にホームパーティーを行うぐらい仲良くなり、Julianaのお陰で自分の友達の幅がさらに広がったと思います。

 
【写真左】一番綺麗で素敵なところだと思っている、 お気に入りのビーチ (Byron Bay)
【写真右】 毎週末、日曜日に開かれるSundayマーケット

■私の素敵なホストファミリーを紹介します 
私のホストファミリーは、ホストマザーのMicheleと犬のMillieです。でも、Micheleの子どもや孫のHarryとHugoがたまに家に遊びに来るので、たくさん家族がいるような感じです。その時は一緒に夕食を食べたり、暑い日は水遊びをしたり、Sundayマーケットに行ったりします。マーケットでは果物や雑貨、ハンドメイドのアクセサリーや服などが売られています。私は、よくアクセサリーを買いますが、好みの物があるとすぐ買ってしまいます(笑)。また、Micheleは家族の誰かが誕生日の時は盛大にパーティーを行っています。日本食をMicheleのために作った時は、とても喜んでくれ、また作って欲しいと言ってくれました。また、相談や悩み事を話す時は、いつも熱心に話を聞いてくれ、応援してくれます。Micheleは普段、仕事をしている為、忙しい時も多々ありますが、食事はいつも手を抜かずに私に振る舞ってくれます。本当に優しくて素敵な家族です!

 
【写真左】Micheleと、その孫のHugoとSunday マーケットへ
【写真右】Harryと一緒に水遊び!

■今、頑張っていることについて

留学中は、日々、積極的に新しいことに挑戦しています。たとえば、サーフィンを始めたり、未経験のラグビー部(Touch Club)に所属したり、現地のイベントに毎週、参加したり……。自分の興味のあることには積極的に参加して、やってみることにしています。Touch Clubはラグビーに似ているスポーツで、タックルのかわりにタッチをするためラグビーよりも安全です。オーストラリアに来てからこのスポーツを知りましたが、元々、走る系のスポーツが得意なので、とても楽しく活動しています!!

 
【写真左】昨年(2019年)のクリスマスイブに初めてサーフィン! 日本人インストラクターに教わっています
【写真右】放課後のラグビー部の部活動(Touch Club)の様子

アクティブに活動していることで、沢山の出会いがあり、そして新しい経験ができて、とても充実した留学生活を送っています。帰国は3月中旬。あと1カ月を切ってしまう留学生活となりましたが、これからの日々も精一杯、楽しみながら頑張りたいと思います!
 
****
留学中は、毎月一人ずつ、現地での学びや生活の様子をレポートしてくれますので、どうぞ、お楽しみに!

海外留学・研修 経験者のインタビュー記事はこちらから
国際学科の学びについてはこちらから
 
※2020年4月、国際学科は国際学部として新たに開設されます

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube