和洋女子大学|学部・学科|看護学部|学科インフォメーション

学科インフォメーション

看護学科

名前: kango 作成日: 2017/04/18 17:35
看護学科のブログ

投稿者: kango 投稿日: 2021/12/20 14:00
「たくさんのサポートのおかげでフライトナースの夢に一歩近づきました」

藤野 麗佳さん
看護学科4年生(※取材時)
内定企業:千葉県内、大学病院

■進路先をめざすことにしたきっかけを教えてください
小学生の頃からフライトナースとして活躍することを目標としていました。就職活動が近づくにつれて、様々な病院への就職も視野に入れましたが、ドクターヘリを有していて、救急医療に力を入れている点に魅力を感じ、目標を変えることなく、内定を頂いた大学病院への就職を決めました。

■就職活動で大変だったことは何ですか?また、どのように乗り越えたか教えてください
病院研究と試験日程の調節が大変でした。病院研究では、私たちは看護学科の一期生で先輩がいないため、参考にする情報がなく、病院のどのような点に注目して調べていけばいいのか、わかりませんでした。進路支援センターの学科担当カウンセラーやゼミの先生などに聞きながら、自分がめざす看護師像や目標を改めて整理して病院を選ぶようにしました。試験日程については基本、1つの病院しか受験しないため、第一志望で内定がもらえなかった時のことも考えて、何カ月も先のことまで予測して計画を立てることが難しかったです。第一志望で内定がもらえるよう、準備をしながら、他の病院の試験日程など細かく調べて余裕をもって行動するように心がけました。

■就職活動を通して成長したと感じることがあれば教えてください
自己分析を通して、自分自身を見直すことができ、今後の目標などを改めて認識することができたと思います。元々、私にはネガティブに物事を考えてしまうところがありますが、先生方のサポートのおかげで、様々な事をプラスに考えることができるようになり、自信をもって就職活動に取り組めるようになりました。

■高校時代、大学や進路についてどのように考えていましたか
看護師になることは決めていたので、看護学部に進むとは思っていましたが、高校1年生の時は具体的な大学は決めておらず、「自分も進学するんだろうな」という漠然とした思いでした。高校2年生の夏くらいから進路を考え始めて、いろいろな大学を調べ、大学生活について具体的なイメージが持てるようになりました。3年生の時は受験勉強に追われ、進学できるかの不安でいっぱいでした。

■進路支援センターの魅力を教えてください
就職先についてだけでなく、面接対策となるマナーや話し方、自己分析などについても親身になってサポートしてくれることです。また、内定がもらえるまで毎日が不安でしたが、カウンセラーの皆さんが精神的に支えになってくれることも魅力だと思います。私たちは看護学校の一期生ということもあり、就職活動については何もわかりませんでしたが、皆さんのサポートのおかげで、スムーズに就職活動に取り組むことができ、第一志望で内定をいただけたと思っています。

■高校生へメッセージをお願いします
和洋女子大学の就職活動へのサポートは充実していて、とても親身になってくれます。大学生活に不安も多いと思いますが、安心して和洋女子大学に入学してほしいと思います。

― 進路支援センターのカウンセラーよりメッセージ ―
看護師となる夢と同時に「フライトナース」になるために努力を続けてきた藤野さん。Web面接では、どんな質問にも最高の笑顔・態度で臨み、内定を獲得しました!自慢の一期生です。


看護学科での学びについてはこちらから
看護学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから

一般選抜A日程(1日目)は最長4年間で約400万円が免除される「特待生制度」と、緊急コロナ対策「寮費免除制度」の選考対象入試です。出願期間は2022年1月7日(金)~17日(月)。詳細はこちらから
投稿者: kango 投稿日: 2021/12/06 10:22
日本産業看護学会 第10回学術集会は、2021年11月15日(月)~12月24日(金)の日程でオンライン開催を行っています。本学会は、企業で働く人々の健康を支える産業看護職、と産業保健スタッフが多数、参加しています。オンライン開催は、予約制のライブ配信、ご都合の良い時に視聴して頂けるオンデマンド配信があります。参加を希望する方は、学術集会への参加登録が必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 

 本学術集会は、和洋女子大学の看護学科、新谷奈苗教授が学術集会長を務め、「日本の元気を支える産業看護の力~すべての働く人々・組織に産業看護サービスを~」のテーマのもと、開催しています。目まぐるしく変化する時代にあって、企業は積極的にさまざまな人材を受け入れ、彼らの多様な働き方に対応することが求められています。このような変化の著しいグローバル社会にある企業の健康経営を支えるのは、いつも従業員の傍らにいて、それぞれのニーズに合った、きめ細やかな健康支援を行う産業看護職の力です。本学術集会は10回目の節目を迎えるにあたり、企業、行政、学校等さまざまな機関で健康を支える産業看護職の方々はもちろん、協働する他分野の方々にも広く参加いただいています。さまざまな研究成果だけではなく、産業看護を取り巻く現状について熱く議論されています。

コロナ禍にあって、対面での開催を予定していた11月6日・7日の日本産業看護学会 第10回学術集会は急遽オンライン開催となりましたが、現在もなお、Web上では、この学術集会は進行中で、日々、活発な意見交換が行われています。
将来、「産業の場での健康支援」をめざしている看護学科や他のさまざまな学科の学生たちにも、ご覧いただけると将来のヒントがみつかることと思います。皆さんの積極的な参加をお待ちしています。

オンライン開催は、予約制のライブ配信、ご都合の良い時に視聴して頂けるオンデマンド配信があります。これらの視聴には、学術集会への参加登録が必要です。
参加登録はこちらから

*参加登録受付は12月10日(金)までです。

看護学科での学びについてはこちらから
看護学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから
入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから

一般選抜A日程(1日目)は最長4年間で約400万円が免除される「特待生制度」と、緊急コロナ対策「寮費免除制度」の選考対象入試です。出願期間は2022年1月7日(金)~17日(月)。詳細はこちらから
 

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube