和洋女子大学|学部・学科|看護学部|学科インフォメーション

学科インフォメーション

 

名前: kango 作成日: 2017/04/18 17:35
看護学部のインフォメーション

投稿者: kango 投稿日: 2020/01/15 10:15
中澤明美教授釜屋洋子准教授山下菜穂子助教が担当する「老年看護援助論Ⅰ(履修時期:2年次 必修科目)」では、加齢に伴う障害や疾病を持った高齢者の健康回復促進、生活の質の向上をめざし、健やかな老年期を過ごすことを支える視点から老年看護の実際を学びます。

1月9日の授業では、「高齢者看護技術演習」と座学の「認知症ケア概論」を、2年生を大きく2グループに分け、前半後半で交代して学習しました。その中から、高齢者看護技術演習(ベッド上臥床高齢者の陰部洗浄、オムツ交換・口腔ケア・爪切り)の様子を紹介します。


【写真】陰部洗浄、オムツ交換について説明をする山下菜穂子助教

 
【写真左】爪切りの様子
【写真右】「先生、こっちからの角度だと、どうやってヤスリをかけたらいいですか?」

 
【写真左】義歯(入れ歯)の取り外し、総義歯は下顎→上顎の順におこないます
【写真右】義歯を歯ブラシを使用して丁寧に洗浄する様子

看護の技術のみならず、礼法やホスピタリティも重んじる本学の看護学科では、患者対応時の声掛けや態度にも入念に指導が入ります。学生たちは「入れ歯取り外しますね」「失礼します」など、明るい声掛けや笑顔を忘れず、学習に取り組んでいました。

 
【写真左】「取り扱いの際は、紛失や落下などによる破損に注意します」と指導する釜屋洋子准教授

看護学科の学びについてはこちらから
投稿者: kango 投稿日: 2020/01/14 10:10
今回の教員紹介インタビューは、竹内久美子教授です。

■専門・研究分野
基礎看護学・看護管理・看護におけるキャリア発達

■感銘を受けた映画
『カッコーの巣の上で』(1975年)という映画です。新人 看護師時代に、とても怖い先輩から「看護について考えさせられるから是非、観たほうが良い」と勧められ、その当時、ビデオテープを借りて観ました。「看護とは何か」という問いとともに、看護倫理(その頃は、まだあまり話題となっていませんでしたが)について考えさせられました。映画の内容について、すっかり仲良くなった先輩と盛り上がった夜勤の日が忘れられません。

■現在の道に進もうと決めたきっかけ
小学校2年生の時に、在宅療法の後、祖父が永眠しました。その際に、看護師の叔母が、心拍が停止した祖父を胸骨圧迫して2度、息を吹き返させるのを目の当たりにしました。息を吹き返した祖父は、最後の別れを言って永眠しました。小学生の私には、亡くなりそうな人を生き返らせることのできる叔母が、強く輝く女性に映りました。永眠し、家族が悲しみに浸っている中、祖父の同級生の高齢の医師が杖を突きながら登場し、叔母に支えられながら死亡確認しているのを見て、さらに看護の力を感じ、自分も看護師を志ざそうと決心しました。

■学生たちへのメッセージ
看護師に必要なのは、「総合力」と「継続力」だと思います。看護師は、どんなに頭が良くて知識があっても、人の気持ちを察したり、優しい心遣いができなければ、患者さんにとって良い看護師ではありません。一方で、笑顔が素敵でお話上手なだけでも、技術が伴っていなければ良い看護師とは言えません。看護師に必要なのは、知識、技術、態度のすべてです。当然ですが、この総合力を身につけるためには、時間が必要です。看護師には、この総合力を高める長期の学習期間が必要です。学生時代だけではなく、就職後も、そして退職するまでのすべての時間が看護師の学習期間だと思います。私自身もまだ看護の学習の途中だと思っていますし、もしかしたら、まだ半ば過ぎくらいかもしれません。「継続は力なり」、看護の学習を継続して、是非バランスよく総合力をつけてください。10年後、いいえ、30年後の皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

竹内久美子教授のプロフィールはこちらから
看護学科の学びについてはこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube