和洋女子大学|学部・学科|看護学部|学科インフォメーション

学科インフォメーション

 

名前: kango 作成日: 2017/04/18 17:35
看護学部のインフォメーション

投稿者: kango 投稿日: 2017/12/20 12:53
看護師といえば、ユニフォーム姿を想像する皆さんも多いと思います。
 
オープンキャンパスや里見祭の試着コーナーでこれまでもご紹介してきましたユニフォーム。
今回は、このユニフォームを、もう少し詳しくご紹介します。

 
●正面から

襟、袖、ポケット口に入ったラインが特徴です。
デザインだけではなく、ポケットなどの機能にも工夫がされています。

●ポケット拡大図 

臨床で用いる様々な物品の持ち運びなどに活用できます。
 
●背面

スマートなシルエットが特徴です。

●胸元と大学のロゴと袖のロゴマーク
 
すっきりとまとまった、学校名とロゴマーク。
ロゴマークはフレームの中に咲く美しい花をあしらっており、学生の皆さんが自分の美しい花を咲かせられるようにとの願いが込められています。

 
ユニフォームがぴったりと学生になじむよう、次年度の入学者向けの採寸会も始まりました。

新しい看護学部の開設に向け、準備は着々と進んでいます。
投稿者: kango 投稿日: 2017/12/20 11:14

今回は、赤ちゃんだっこ体験とシミュレーションモデル体験の様子をお届けします。


看護学部ブースの入口から入ってすぐ右手に、赤ちゃん人形がお出迎えしました。
 
おくるみに包まれた赤ちゃん人形は、赤ちゃんが実際に生まれてくる体重にかなり近い約2900gです。
人形だと油断して抱いてみると、ずっしりとした重さが体感できます。
また、本物の赤ちゃんのように頭には大泉門という穴が開いており、教員から観察項目としての重要なその視点を教わると、参加者の方達は興味深そうにしていました。

参加された皆さんが上手に抱っこできると、赤ちゃんは笑顔のようにも⾒えました。

 
里見祭には、ご家族がたくさんお見えになり、この赤ちゃん人形のコーナーは小さなお子さんたちにも好評でした。
お子さんたちの「重いね」という感想に、「その重さで、あなたも生まれてきたのよ」などと、心温まるやりとりの場面も。

 
こちらは、赤ちゃんコーナーと比べると、病院に近い雰囲気を感じさせる、シミュレーションモデル体験コーナー。
肺の音が聞ける「ラングくん」と、脈拍測定、心音など複数のことができる、「フィジコ」さんで看護の体験。

 
当日担当した教員からレクチャーを受け、実際に聴診器を使い、肺の音を聞いたりしました。


これらシミュレーターは、実際に臨床で看護師が行う「フィジカルアセスメント」を学ぶために、看護学部の学生も使用します。
行ったのはその一部ですが、本物に近い「看護」を、参加された皆様も楽しく体験することができました。

3回にわたってお届けした里見祭の看護学部ブースの紹介は、今回で最終回です。
ご覧くださいまして、ありがとうございました。

引き続き、本ページでは、看護学部の開設に向けた取り組みなど紹介いたしますので、ご期待ください。

投稿者: kango 投稿日: 2017/12/01 9:49

里見祭の看護学部ブースの紹介、今回は、記念撮影コーナーの様子です。



ユニフォームは、ピンク、えんじ、ブルーがあります。
 

 仲の良い3人組の初々しいショット。
 

   

ブースの担当教員が撮影し、どんな写真になったか、わくわくしながら、確認。

   

撮影に教員が加わったり、聴診器を首にかけてポーズを決めたり。
 

 
 ●パンフレットの表紙にもなっている、看護学部ブースの
 お手伝いもしてくださった在学生さん。

記者会見のようなバックボード以外にも、
 プリクラのような手作りフレームも活躍しました。

小さな将来の看護師さん候補?家族で和気あいあいと
 撮影。

●お祭りらしい、楽しいひと時を看護学部も
 提供いたしました。
 


遊びに来た職員も記念に1枚。本物の看護師さんっぽいですね。

 

(つづく)


 
投稿者: kango 投稿日: 2017/12/01 0:00

11月3~4日の2日間、恒例の里見祭が開かれました。2日間とも好天に恵まれ、多くの方々にご参加いただくことができました。
来年開設の看護学部も初めて出展し、多くの皆様に、看護に触れていただけました。
その模様を3回に分けて、ご紹介します。

今回は、看護学部のコーナー全体の様子。

●入り口
ユニフォームとのぼり、風船で飾って、皆様をお出迎えしました。
 

入口入ってすぐの場所には、来年竣工予定の看護学部の校舎「さとみ館」の模型がお出迎え。


 ●「新生児を知ろう!」コーナー

実際と同じ重さの赤ん坊を抱いたり、おむつ交換を体験したり体験できるコーナーです。

●「マッサージ体験」

   

看護の技術に「手浴(しゅよく)」があります。手を清潔にするだけではなく、保湿や循環をよくする効果もあり、学生が実習で経験することもよくあります。
その「手浴」の時にも活用できるハンドマッサージ。その体験コーナーを設けました。

●ユニフォーム試着体験コーナー

オープンキャンパスでも好評をいただいているユニフォームの試着コーナー。
看護師スタイルに変身して、記念撮影!

●シミュレーター体験コーナー
 

こちらもオープンキャンパスで恒例の企画。

左の写真が、「ラングくん」。呼吸のときに肺で聞かれる音を聴きとることができます。

右が、「フィジコさん」。血圧・脈拍の測定や、対光反射(目に光を当てた時みられる反射)、肺、心臓、腸の音を聞くことなどができます。

2つとも、音を聞くときは、実際に病院などで使っている聴診器を使います。 

 

●教室全体の飾りつけ  
   

里見祭は、お祭り!看護も、楽しく、わいわいと体験できるように飾りつけ。

にぎやかで彩のあるブースにしてみました。



展示をお知らせするボードで、皆様をお出迎え!

(つづく)

 

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube