和洋女子大学|学部・学科|看護学部|4年間の学び

4年間の学び

1年次:看護師・保健師に必要な基礎的知識と技術・態度をしっかり学ぶ

看護師・保健師になるために必要となる基礎的な医学知識、看護技術を学びます。人としてのマナーや礼儀、コミュニケーション力を身につけ、看護師としての態度教育にも力を入れています。基礎看護技術の習得は、病院と同じ環境で学習できる看護実習室を使用し、自らの技術力を映像化するなど最新の学習機器を取り入れています。このような学習を積み重ね2・3年次の臨地実習へとつなげていきます。

2~3年次:臨地実習・演習を通じて実践力を身につけ、看護を多角的に学ぶ

基礎看護学での学びを土台にして、母性看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学と人間の発達段階にそった看護学へと学びを深めていきます。さらに、病院だけでない地域で生活する人、在宅で療養する人の看護など多角的に学んでいきます。3年次後期からは、千葉県内の総合病院を中心に臨地実習を行い、受け持ち患者さんの看護を通して実践力を養います。

4年次:看護師・保健師課程の学びの統合を図り、探求心を養う

保健師課程履修学生(選択制)の公衆衛生看護学実習が始まります。これまでに学んだ看護学の集大成として看護統合実践実習を行い、看護研究(卒業論文)に取り組みます。また、看護師・保健師国家試験に向けての受験対策にも力を入れていきます。

将来像

看護師や保健師として、病院や訪問看護ステーション、高齢者施設などで働いたり、卒業後に保健師免許を基礎資格として、学校の養護教諭や第一種衛生管理者の資格をめざすこともできます。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube