和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科

家政福祉学科

家政・福祉・保育を学び人々の
幸せな暮らしをデザインできる
人材を育成する。

家政・福祉・保育の分野を3本の柱とし、「豊かで安心できる社会」の創造をめざすのが、家政福祉学科の学びです。私たちの暮らしの基盤となる「衣・食・住」、安心できる暮らしの実現をめざす「社会福祉」、子どもの発達や環境を考える「保育」を中心に、家族、消費生活も含めた多彩な知識と技術を体系的に学びます。さらに、実験、実習や現場体験などの授業を通して培われた実践力は、「福祉の視点をもつ家庭科教諭」や「生活についての知識・技術をもつ保育士・社会福祉士」などユニークなスペシャリストへの道を開きます。


2019年4月より児童福祉コースを設置予定

児童福祉コース(定員40名)では、家政・福祉の両分野を学べるカリキュラムが特長です。多様な暮らしに応じた子育て支援を行い、病児保育、障害児保育、外国籍の子どもなどに対応できる保育士を養成します。保育士として、保育所をはじめ、児童養護施設・障害児施設、病院などで活躍できます。認定ベビーシッター(※資格取得指定校計画中)の資格を取得することもできます。
 
指定保育士養成施設指定申請中

 資料請求はこちらから 
「大学案内2019」デジタルパンフレットはこちらから
    (※収容定員変更)

家政福祉学科の学び

専門知識に基づいた、
暮らしと福祉のスペシャリストへ。



私たちの暮らしの柱である「衣・食・住」、そして近年ますます重要性が高まっている「福祉」、多様な対応が求められる「保育」をキーワードに、家族・消費生活など幅広い知識と技術を修得するのが、家政福祉学科です。自由度の高いカリキュラム構成になっているため、興味のある分野に絞って学ぶことも、複数の分野をバランスよく学ぶことも、どちらも可能です。多彩な資格を取得できるのも魅力です。

将来像~卒業生の活躍

和洋で学んで成長していった先輩たちの、社会でがんばる姿をご紹介。

4年後の将来像~卒業生の活躍

4年間の学び

大学4年間でどんなことが学べるの?家政福祉学科で学ぶ内容をご紹介。

学びのポイント

幅広い領域から、興味の対象を選べる。学科の学びのポイントをご紹介。

ピックアップ!授業紹介

実習や体験学習など、和洋ならではの授業をご紹介。

卒論・卒業制作

大学4年間で学んだ集大成。卒論・卒業制作の取り組みをご紹介。

研究室・ゼミ一覧

専門的な学びを深める。研究室・ゼミのご紹介。

めざせる資格・免許

在学中にめざせる資格・免許をご紹介。

学科Q&A

学科に関するよくあるご質問。

学科インフォメーション

学科のニュースなど、学生たちの姿をご紹介。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube