和洋女子大学|学部・学科|家政福祉学科|学科ブログ

学科インフォメーション

家政福祉学科

01 18

投稿者: kaseifukushi
2018/01/18 18:56

家政福祉学類の学生が考案したレシピによるサンドイッチが、昨年の4月から月替わりで浦安市役所食堂にて販売されています。

★1月16日(火)より販売されているサンドイッチは「和!レンコンサンド」 
 
   
このサンドイッチは、NPO法人 千楽chi-rakuが障害者自立支援活動の一環として運営している事業所「はーとbeat」で作られています。家政福祉学類で福祉を学ぶ学生たちは、これまで様々な形でNPO法人 千楽chi-raku と関わってきましたが、一昨年の12月より、家庭科教員をめざす学生がお弁当のレシピ開発に挑戦し、毎月第4木曜日は「和洋コラボ弁当の日」としてお弁当を販売してきました。昨年の4月からは、別の学生たちが月替わりでサンドイッチのレシピ開発に挑戦しています。今回のレシピの考案者は家政福祉学類 家政福祉学専修2年生の後藤多恵さんです。


<学生インタビュー>

■この企画に参加した理由
友人からの誘いが参加したきっかけです。元々、私自身、調理科のある高校に通っていたこともあり、レシピを作ることは高校生の時にも経験していましたし、「食」に対して興味もとてもありました。自分の考えたサンドイッチを販売してもらえることは、貴重な体験になると思い、参加しました。参加したことで、先生や友人との距離が以前よりも縮まりました。大学の授業の中でレシピを1度作ったことはありましたが、今回、この企画に参加して改めてレシピを作る大変さと、買ってくれる人のことを思いながら作ることの素晴らしさを実感しました。

■レシピ開発で大変だったこと、面白かったこと
レシピ開発では、私が普段「できること」を前提に考えず、作業工程を最小限まで少なくし、どれだけ時間をかけないかを考慮することが大変でした。最初は、野菜と肉を使ったレシピを考えていましたが、時間がかかり過ぎてしまうため断念しました。個人的に好きな蓮根をどうしても入れたくて、蓮根を使った美味しいサンドイッチを作れないか試行錯誤しました。具材には蓮根と相性のいいごぼうも加えました。そして、先生や友人からのアドバイスを受けて、ポン酢ベースの「和」とサンドイッチ・マヨネーズなどの「洋」の融合、まさに「和洋」にちなんだサンドイッチが完成しました。コンビニやスーパーには売っていないオリジナルのサンドイッチを作ることができたという達成感を味わい、試行錯誤しながらレシピを考えることができて楽しかったです。

■将来の目標
将来は、家庭科教員をめざして日々、勉強に取り組んでいます。大学生活の中で様々な経験をすることで、私が尊敬する先生方に少しずつ近づいていけると信じているので、チャンスがあるなら、何事にも挑戦していきたいです。もちろん、今回のレシピ開発も私にとって挑戦の一つでした。作って売ってくださる方、買ってくださる方のことを考えてレシピを作ることは、自分自身の視野を広げることや客観的に考えられることに繋がったと思います。今回の経験を踏まえて、これからも多くの経験を積み重ねていきたいです。

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube