和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

10 14

投稿者: fukushoku
2015/10/14 17:33

服飾造形学類の学生たちが主要登場人物の衣裳デザインと制作を担当した、ふるいちやすし監督の新作映画『千年の糸姫』(2016年公開 国際映画祭エントリー予定)の撮影が、10月初旬よりスタートしました。 服飾造形学類の織田奈緒子助教が、ふるいちやすし監督作品の衣裳を手がけた実績から、織田先生を通して新作の衣裳制作の依頼があり、今回のプロジェクトへの学生参加が監督から提案。7月よりプロジェクトが動き出しました。監督からは、「学生ならではの斬新なアイデアを採り入れて、作品にふさわしい衣裳を考案して欲しい」と学生達に伝えられました。


衣裳制作中の学生たち


<制作History>

■7月8日
ふるいちやすし監督から学生に向けてのプレゼンテーション。 参加を希望する学生に向けての説明会には、1年生から4年生まで約50名の学生が参加。ふるいちやすし監督からは、新作の内容と思いを、織田先生からは、プロジェクトに参加する心構えとスケジュール、作業内容の説明があり、夏休み(8月、9月)を中心に活動することが伝えられました。 プロジェクト参加希望者から、主要メンバー10名と、サポートメンバー20名が決定。学生達は、シナリオを読み込み、ふるいち監督とのミーティングに臨みました。監督からは撮影地の様子が画像で伝えられ、「登場人物が絶対に着ない色は何色?」「登場する人物では誰が好きか」「なぜ、あのような会話がでるのか」などの質問がだされ、学生達は作品のイメージを膨らませながら思い思いに回答し、監督とのコミュニケーションを高め、作品作りに入り込み始めました。

■7月15日
ミーティング時に、学生達には1週間以内に担当する人物が着るデザイン画の提出が求められました。

■7月22日
第一回目のデザイン案提出。 ふるいちやすし監督、織田先生、塚本先生、伊藤先生、鬘谷先生に、デザイン画のプレゼンを実施。学生達からはデザインに込めた思いが伝えられました。 ふるいちやすし監督からは、学生達に対する期待をこめた厳しい意見があり、再度、デザインを詰めることになりました。


 


■夏休み期間
学生たちは、塚本先生、織田先生の指導の下、衣裳制作に取り組みました。

■9月9日
制作した衣装の実物を始めて監督に見ていただきました。監督からは完成していた衣装に対してひとつひとつ様々な意見が寄せられました。衣装によっては、監督のイメージとかけ離れていたため、作り直しの依頼もありました。撮影の内容を考慮し、制作した衣装の複数制作(撮影の関係で汚れるため)をお願いされたものや、逆にイメージぴったりの衣装もあり、そのままOKがでたものもありました。




■9月29日
大学に監督と主要キャストの俳優の方々に来ていただき、フィッティング作業を行いました。前回の打ち合わせから作り直しや最終仕上げに進んだ衣裳を実際に着てもらい、最終的にこれでいくかどうかなどを関係者全員で話し合いました。監督の希望する仕上がりイメージと学生のイメージに誤差があるものもあり、再度、イメージをすりあわせる作業などを行いました。

■10月1日
制作発表。 都内のイベント会場で、「千年の糸姫」の制作発表が行われました。会場では、ふるいち監督から映画製作に関する思いが語られました。また、主演の俳優たちが学生たちが制作した衣装を着て舞台に登場しました。その後、織田先生と衣装制作を担当した学生数名が舞台に登場。織田先生から衣装制作に携わった経緯の説明を来場者にさせていただきました。

■10月10日
撮影スタート!

<『千年の糸姫』制作スケジュール>
2015年10月 クランクイン
     11月 クランクアップ
2016年春  完成。完成披露試写会。国際映画祭へエントリー

<映画のストーリー>
山あいの小さな町に住む女の子「糸」は、かつてこの地を納め、非業の死を遂げこの地を奪われた糸姫の生まれ代わり。死の間際、糸姫がかけた呪いを千年の時を経て今もこの地に残る仇の宇津家に果たそうと、一族の夫々の生まれ代わりが集まりだすが、その中には千年糸姫に仕え、慕い、呪いという修羅の道から救おうとする者もいる。当の糸はまだ覚醒しておらず、自分の運命にも気づかないまま、仇の生まれ代わりである宇津輝昭に引き付けられていく自分に戸惑う。何も知らない輝昭はやがて糸に思いを寄せるが、千年のその日、ついに糸姫が降臨し、糸が覚醒する。

<監督プロフィール>
 ふるいちやすし監督 映像作家/音楽家 映画監督作品、受賞歴: ・「彩~aja~」モナコ国際映画祭2012四冠受賞作 ・「艶~The color of love」モナコ国際映画祭2013最優秀アートフィルム賞 ・「サイコロコロリン」SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2007入選 等 その他: ・「ビデオSALON」誌や「PRONEWS」でコラムを連載中。 ・「UA/紅い花」の作曲者。



<衣裳制作>
和洋女子大学 服飾造形学類 服飾造形学専修 (◎:主メンバー)
4年:◎野村 茉莉子・◎山根 有佳莉
3年:◎黒瀬 由衣子・◎鈴木 千春・◎高野 紗帆・倉田 里美・高品 葵・田中 萌・原口 真由・鳥海 那月
2年:◎浅井 菜摘・◎加藤 采実・◎加藤 芹菜・◎本橋 日葵・小林 彩
1年:大澤 菫・菅野 弘美・村井 美絵・大木 詩穂・佐藤 好
指導:立体構成研究室 塚本和子教授・織田奈緒子助教
    和服構成研究室 伊藤瑞香助教

『千年の糸姫』Facebookページ
和洋女子大学 服飾造形学類の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube