和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

09 04

投稿者: fukushoku
2017/09/04 12:40

8月26日、パリの服飾専門学校 Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne(サンディカ校)での「海外服飾学研修」に参加するため、服飾造形学類の12名の学生がフランスに向かって旅立ちました。現地から届いた研修の様子をご紹介します。



30日、水曜日の午前中までにグレゴリー先生のご指導でデザインを完成させ、午後からはパトリス先生のドレーピングが始まりました。各自が完成させたデザインを、実際にトワルを使ってボディに組み立てて行きました。全員異なるデザインのため、先生は一人ひとりを廻って細かいところまで丁寧な指導をしてくださり、学生たちも時間を忘れて真剣に取り組みました。


 
    
この日の夜は「海外服飾学研修」のコーディネートをしてくださった和洋女子大学 客員教授の齋藤統先生と全員で会食をしました。

 

木曜日には授業修了後、全員で夜間延長開館をしているオルセー美術館に出かけ、世界屈指の美術品を鑑賞しました。最終日の金曜には、頑張る学生たちを18時の終了予定を大幅に延長して20時までご指導を頂きました。ブロカ校長先生から無事全員が修了証書を授与されめでたく記念撮影となりました。

 



※サンディカ校との学校間協定について
2016年3月、本学とパリのオートクチュール協会 服飾専門学校 Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne(サンディカ校)との間に学校間協定が交わされ、昨年度より、服飾造形学類の学生たちが本場、パリのデザインと技術を学ぶことができる海外研修が行われることになりました。サンディカ校は1927年に創立。服飾の技術を学ぶ学校としては、世界でもトップクラスです。

服飾造形学類の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube