和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|学科ブログ

学科インフォメーション

服飾造形学科

名前: fukushoku 作成日: 2014/02/07 14:22
服飾造形学類ブログ

投稿者: fukushoku 投稿日: 2020/01/21 16:36
服飾造形学科3年生の授業「きもの着装演習(履修時期:3年次 選択科目)」の履修学生たちは、きもの講師3級の資格取得をめざしてきました。この授業では、長沼静きもの学院のカリキュラムに則って着物の着装を学びます。着物を着る上で大切になる体型の補正、下着、長襦袢から実技をはじめ、浴衣、長着の着装を行いました。また、浴衣の授業では自装だけでなく他装も学びました。 また、着装の実技以外に、小物や帯の種類、着物の色・柄の組み合わせについて、着物を着るシーンでのTPOについても学んできました。担当教員は伊藤瑞香准教授です。

 
【写真左】浴衣の着付け中  【写真右】男物の着物について学んでいます

この授業を受講した学生は、和服裁縫の授業で着物を制作した学生が多く「早く自分が作った着物を着たい」「自分で着物を着ることができれば、もっと着物を着る機会が増える」と資格取得に向け、努力してきました。

  
【写真左】伊藤准教授より証書を一人ひとり受取りました  【写真右】証書を手にして記念撮影

実技やTPOを学んだ上で試験を行い、今年度は13人がきもの講師3級の資格を取得しました。1月7日に授与式を行い、担当教員の伊藤准教授から学生に資格認定証を授与しました。授与式では伊藤准教授から学生へ「実習で制作した着物を自分で着装することで、さらに愛着がわきましたね!自国の伝統文化である着物を学び、他国の衣文化を理解し、文化交流ができるようになるといいですね」との話もありました。

 
【写真左右】資格取得は嬉しい! 学生たちも笑顔です

服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2020/01/17 10:55
服飾造形学科では、服飾についての感性を磨き、問題解決能力や実践力などを身につけるため、実技や理論の他にも斬新なカリキュラムを開講しています。その中のひとつ、「ファッションビジネスの世界(履修時期:1年次 必修科目/本年度は2年次も必修科目)」では、毎回、服飾・ファッション業界の第一線で活躍している方々を講師に招き、オムニバス形式による授業を行っています。担当は嶋根歌子教授森本美紀准教授です。


【写真】講義を行う、株式会社島精機製作所の雑賀透氏

12月6日の講義では、株式会社島精機製作所の雑賀透氏にご登壇いただき、「SHIMA SEIKIの限りなき前進-多様化するものづくりへの挑戦-」というテーマのもと、雑賀氏の講義が行われました。

株式会社島精機製作所は「全自動手袋編み機」の開発を創業の原点とし、「Ever Onward ―限りなき前進」の経営理念のもと、常に新しい技術の開発をめざして惜しみない努力と未知なる領域への挑戦を続けており、手袋編み機をはじめ、コンピュータ横編機、デザインシステムのトップメーカーとして、国内外から高い評価を得ています。


【写真】株式会社島精機製作所のニット製品を鑑賞している学生たちの様子

「ホールガーメント」とは無縫製ニットのことで、株式会社島精機製作所の登録商標です。現在、世界では約9,000万トンの糸が作られ、その45%がアパレル商品に使用されています。従来のニットウェアは、パーツを組み合わせて縫い付けるため、原料の30%ともなる残った無駄な編み地は廃棄されてしまいます。一方でホールガーメントの製品は、糸からそのまま一着丸ごと編むため、原料の無駄やロスがありません。環境にやさしい衣料といえます。これからの日本でのモノ作りについて、素材・技術を活かして国内のニット産業が変わっていく事をお話ししてくださいました。

一般的な製法とホールガーメント製法の違いについて、雑賀氏に持ってきていただいたニットワンピースを例に、両者を比較しながらそのふっくらと美しいシルエットを確認することができました。また縫い目がないため、着用時に縫い目のゴワゴワ感といったストレスも軽減される製法であるというお話もしていただきました。

 
【写真左】ホールガーメントの製品、【写真右】一般的な製法の製品

学生たちは実際に多くの製品に触れることができ、その素晴らしさを実感する時間となりました。ユニクロの3Dニット等、身近な企業にも株式会社島精機製作所の技術が採用されています。街中で見かけた際には、是非、手に取ってみてください。

服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2020/01/08 14:43
昨年(2019年)7月、パタゴニア日本支社のイベント(イベントの様子はこちらから)に服飾造形学科の学生たちが参加する機会がありました。この、ご縁をきっかけに昨年11月には5日間、服飾造形学科の森本美紀准教授の「アパレル企画論(履修時期:3年次 選択科目)」を履修している学生たちの中から8名が、パタゴニア日本支社リペアセンターのインターンシップに参加しました。


【写真】参加した学生たちとパタゴニア日本支社スタッフのみなさん

ほつれ修理、あて布修理、ベルクロ交換、ほどき、ベルクロパーツ作成などのお客様の製品の修理をはじめ、難易度の高い修理内容も体験しました。リペアセンターのスタッフのみなさんとの交流や指導を通して、改めて修理の楽しさや難しさ、商品価値の認識など様々な学びを得て、無事、インターンシップを終了することができました。

今回、お世話になったパタゴニア日本支社の皆様には心より感謝を申し上げます。学生たちにインターンシップの機会をいただきました、パタゴニア日本支社マーケティング部のロジャース様、遠くまでお打ち合わせにいらしていただきましたeコマース ディレクターの平田様、お打ち合わせ後、細部にわたり日程の調整をしてくださいましたリペアサービス マネジャーの丘様、本当にありがとうございました。

服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/12/19 9:41
服飾造形学科では、服飾についての感性を磨き、問題解決能力や実践力などを身につけるため、実技や理論の他にも斬新なカリキュラムを開講しています。その中のひとつ、「ファッションビジネスの世界(履修時期:1年次 必修科目/本年度は2年次も必修科目)」では、毎回、服飾・ファッション業界の第一線で活躍している方々を講師に招き、オムニバス形式による授業を行っています。担当は嶋根歌子教授森本美紀准教授です。


【写真】授業を行う田原先生

11月29日の講義では、株式会社H&M マーケティング部の田原美穂氏にご登壇いただきました。H&Mは1947年にスウェーデンで誕生した高校生や大学生の皆さんにもお馴染みのファッションブランドです。現在、71カ国に5000店舗が展開され、18万人ものスタッフが在籍しています。今回は「H&Mのマーケティング」というテーマのもと、田原先生の講義が行われました。昨今のH&Mでは、特にCRM (Customer Relationship Management)に力を入れているそうです。CRMとは、顧客との関係性を管理するマネージメント方法のこと。Web会員のシステムを作り、顧客情報から好みのものを画面に表示させるなど、顧客との関係性を築くことを大切にしているそうです。普段は知ることのできないマーケティングの裏側の世界を教えていただき、学生たちも興味津々な様子でした。

講義では、アプリ上で学生の感想や質問をリアルタイムで受け付け、田原先生がその場で受け答えをしてくださいました。


【写真】アプリで感想や質問を学生が書き込んでいる様子

また、H&Mでは循環型経済をめざしており、古着を回収してリサイクルを行っているお話や、パイナップルの皮で作った素材の話など、サスティナブルを意識した取り組みについても詳しく話をうかがいました。

 
【写真】パイナップルの皮を使ったジャケットを着た学生

マーケティングという仕事の裏側の企業努力や、ファッション業界が取り組むべき環境への配慮など、ファッション業界への就職を志す学生たちにとって得るものの大きい授業でした。

<2019年度 講師一覧>
10月05日  宮城レース株式会社(栄レースグループ) 坂本政之氏  →終了
10月11日 ザ・ウールマーク・カンパニー 安江滋氏、西沢智裕氏 →終
10月18日 東海サーモ株式会社 栗本惟氏  →終了
11月08日  YKK株式会社 小松晴彦氏 斉藤英二郎氏  →終了
11月15日 一般財団法人日本綿業復興会 ファッションディレクター柳原美沙子氏  →終了
11月22日 株式会社ストライプインターナショナル SDGs推進室室長 二宮朋子氏  →終了
11月29日 株式会社H&M マーケティング部 田原美穂氏  →終了
12月06日  株式会社島精機製作所 雑賀透氏  →終了
12月14日 レースコンペ最終審査会 宮城レース株式会社(栄レースグループ) 坂本政之氏  →終了
12月20日 株式会社ビームス 水上路美氏
01月10日  lbD事業開発研究株式会社 代表取締役 島田浩司氏
01月24日  株式会社スプラウト 茨木 萌子氏

服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/12/05 12:55
服飾造形学類では、卒業を控えた学生の4年間の集大成である卒業制作作品を発表するため、恒例の「卒業制作展」「卒業制作ショー」を開催します。卒業制作で制作した作品と卒業論文は「卒業制作展」として、1月31 日より文化資料館で展示。「卒業制作ショー」はファッションショーのスタイルで発表します。

卒業制作データベースはこちらから

 

「卒業制作展」 入場自由・予約不要
【開催期間】令和2年1月31日(金)~2月8日(土)
【 会  場 】和洋女子大学 文化資料館(東館17階 ) 
【開館時間】10:00~16:30  
【 休 館 日 】日曜・祝日
【お問い合せ】 文化資料館オフィス TEL:047-371-2494  

「卒業制作ショー」 入場自由・予約不要(全席自由席)
【開催日時】令和2年2月24日(月・祝)
                   開演14:00(開場13:40)
                   開演16:00 (開場15:40)  ※2回とも同内容
【 会  場 】和洋女子大学 体育館2階 ダンス場
       体育館は土足禁止となっておりますので、受付で学園のスリッパにお履き替えのうえ、ご入場ください。
       ご来場を心よりお待ち致しております。
【 交  通 】ご来場は公共交通機関をご利用ください。(駐車場のご用意はございません)
       ・JR総武線 市川駅下車、北口バスのりば1番より「松11系統」
        松戸車庫行きで約8分「真間山下(ままさんした)」下車徒歩5分
       ・JR常磐線 松戸駅下車、西口バスのりば3番より「松11系統」
        市川駅行きで「和洋女子大学前」下車すぐ
       ・京成国府台駅下車 北へ徒歩約9分 
       ・タクシーをご利用の場合、市川駅から900円程度
【お問い合せ】服飾造形学科 卒業制作ショー担当 伊藤瑞香   E-mail: m-ito@wayo.ac.jp

※卒業制作ショーに参加する4年生及び出演者の保護者の方には、別途ご案内をさせて頂きます。

投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/12/05 10:42
11月23日、台東区の玉姫稲荷神社で第12回 日本シューズベストドレッサー賞クラフトマン部門の受賞式が行われました。日本シューズベストドレッサー賞とは、今年、最も革靴が似合う著名人に贈られる賞のこと。「男性部門賞」はmattさん、「女性部門賞」はゆきぽよさん、「シニア部門賞」は錦野旦さんが受賞しました。

クラフトマン部門は、靴職人をめざす若者へコンテスト形式で開催され、1次のデザイン画審査、2次の実物作品の審査を経て賞が決まります。今回、このクラフトマン部門で、応募総数95点の中から服飾造形学科の木村知世助手の作品が審査員特別賞を受賞しました。


【写真】日本シューズベストドレッサー賞選考委員会 轟豊藏会長と審査委員長の高橋牧子氏を受賞者で囲んで記念撮影

今回のクラフトマン部門のテーマは「夢が芽生える靴」。木村知世助手は、夢に向かってはばたく様子を蝶のモチーフを繋げることで表現しました。


【写真】1次審査を通過したデザイン画


【写真】実際に製作した作品

 
【写真左右】作品の製作風景。皮で蝶のモチーフを型抜き、それらを一枚一枚つなげて仕上げていきました

<木村知世さんプロフィール>
文化学園大学 服装学部卒業。在学中から衣装制作を始め、主にステージ衣装や舞台衣装の製作を行う。また、ファッションイラストレーションでの創作活動にも関心があり、ショッピングモールのポスターや外見診断システムで使用するイラストなどを担当。現在は3DCGを活用した衣装制作とファッションイラストレーションの新たな表現方法について研究している。

木村さんは、現在、和洋女子大学 服飾造形学科の伊藤瑞香准教授森本美紀准教授の助手を主として務めながら、学科の先生方や学生たちの学びを全面的にサポートしてくれています。

服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/29 10:10
服飾造形学科では、服飾についての感性を磨き、問題解決能力や実践力などを身につけるため、実技や理論の他にも斬新なカリキュラムを開講しています。その中のひとつ、「ファッションビジネスの世界(履修時期:1年次 必修科目/本年度は2年次も必修科目)」では、毎回、服飾・ファッション業界の第一線で活躍している方々を講師に招き、オムニバス形式による授業を行っています。担当は嶋根歌子教授森本美紀准教授です。


【写真】二宮先生からいただいたearth music&ecologyのエコバッグを持って、授業後に先生と一緒に記念撮影

11月22日の講義では、株式会社ストライプインターナショナルの二宮朋子氏にご登壇いただき、「服という商品は。」―アパレル企業が取り組むSDGs―というテーマのもと、講義が行われました。SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットで、持続可能な世界を実現するため17の目標が採択されています。


【写真】講義の様子

講義では、株式会社ストライプインターナショナルが積極的にSDGsへ取り組んでいる様子を話していただきました。ファッションでもマイバッグを持つ習慣の提案や、社内でゴミ箱をなくしてマイボトルの持参が促された話など、実際に企業が取り組んでいる活動を紹介していただきました。また、服を大切に着てほしいという願いから、「メチャカリ」が立案されたなどの興味深いお話もうかがいました。

講義ではSli.do(スライドゥ)というアプリを使用し、学生が二宮先生に質問しやすい雰囲気で進行しました。


【写真】Sli.do(スライドゥ)で学生が質問をしている様子

授業の最後には、学生が持参した「あなたの大切な一着」をグループ内で発表し合いました。洋服に思い出を重ねることで、服を大切にする気持ちがより一層強くなる時間となりました。


【写真】アルバイト先のショップで初めて制服として着用した思い出のセーター

※「ファッションビジネスの世界」の授業は、事前に申し込みをすれば、他学年の学生(服飾造形学科に限る)でも講義を聴講することもできます。

<2019年度 講師一覧>
10月05日  宮城レース株式会社(栄レースグループ) 坂本政之氏  →終了
10月11日 ザ・ウールマーク・カンパニー 安江滋氏、西沢智裕氏 →終
10月18日 東海サーモ株式会社 栗本惟氏  →終了
11月08日  YKK株式会社 小松晴彦氏 斉藤英二郎氏  →終了
11月15日 一般財団法人日本綿業復興会 ファッションディレクター柳原美沙子氏  →終了
11月22日 株式会社ストライプインターナショナル SDGs推進室室長 二宮朋子氏  →終了
11月29日 株式会社H&M マーケティング部 田原美穂氏
12月06日  株式会社島精機製作所 雑賀透氏
12月14日 レースコンペ最終審査会 宮城レース株式会社(栄レースグループ) 坂本政之氏
12月20日 株式会社ビームス 水上路美氏
01月10日  lbD事業開発研究株式会社 代表取締役 島田浩司氏
01月24日  株式会社スプラウト 茨木 萌子氏

服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/21 16:06
11月23日(土)のオープンキャンパスのテーマは「本番まであと少し!入試の心得をお伝えします」。服飾造形学科の学科説明会では、学びの内容やめざせる資格、入試について、解説します。その他、施設見学ツアーや作品展示コーナーもご用意しています。どうぞ、お楽しみに!


【写真】学科説明会が行なわれる教室の様子、個別相談コーナーも設置


当日は、服飾造形学科2年生の北原 愛理さんがデザインした靴下が販売されます。この靴下は、奈良県広陵町靴下組合主催「第6回 靴下デザインコンテスト」で最優秀靴下組合長賞を受賞し、商品化されたもので、330足限定の校内販売となります。



【写真】アルパカのデザインが立体的に施された可愛らしい靴下(税込980円)

こちらの靴下は、オープンキャンパス以外の日は購買部にて販売しています。販売初日から既に30足も売れていて、学生・教職員共に人気です。


 
【写真】学生・教職員から大盛況!普段は購買部で売っています

11月23日(土)のオープンキャンパス情報はこちらから
「第6回 靴下デザインコンテスト」で最優秀靴下組合長賞を受賞当時の記事はこちらから
服飾造形学科の学びについてはこちらから 
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/07 16:29
ファッションコーディネート演習(履修時期:3年次 選択科目」は、ファッションコーディネートに必要な基礎知識を習得し、他者へのコーディネート提案ができるようになることを目的とした演習授業です。担当は森本美紀准教授です。

10月21日の授業では、パーソナルスタイリストとして活躍中のMIKAKO先生にご登壇いただきました。パーソナルスタイリストとは、雑誌やモデルへのスタイリングを行うのではなく、個人に対してスタイリングを行うスペシャリストのことを指します。お客様のショッピングに同行し、コーディネートやファッションに関するアドバイスを行い、ご自宅にお伺いしてワードローブの構築も行います。その他にもMIKAKO先生はテレビへの出演や、ミスユニバースの審査員としても活躍されています。


【写真】MIKAKO先生の講義の様子

授業ではパーソナルスタイリストのお仕事の話や、学生たちへのスタイリングも行っていただきました。

   
Before(学生私服)         After(MIKAKO先生スタイリング①) After(MIKAKO先生スタイリング②)

   
Before(学生私服)         After(MIKAKO先生スタイリング)

モノトーンの服に柄や色物の小物をプラスするだけで、ぐっと明るく華やかな印象になりました。また、スタイリングのポイントなども教えていただき、実践を交えた授業に学生たちも熱心に聞き入っていました。


【写真】全員で記念撮影

MIKAKO先生の「ファッションは人を幸せにすることができる」という言葉の通り、学生たちの笑顔がまぶしい楽しい授業でした。

 
【写真】左から、授業担当の森本美紀准教授、MIKAKO先生、木村知世助手

パーソナルスタイリストMIKAKOさんのホームページはこちら
服飾造形学科の学びについてはこちらから
投稿者: fukushoku 投稿日: 2019/11/01 11:27
11月2日(土)・3(日)に開催される第61回 里見祭(大学祭)! 服飾造形学科ではワークショップ、学科紹介展示、個別入試相談会を行います。 今年のワークショップは『フェルトボールを作ろう』。ふわふわの羊毛を丸めて固めて、コロコロかわいいフェルトボールを作ってみませんか。様々な色の羊毛を用意しているのでお楽しみに!


【写真】一緒にかわいいフェルトボールを作ってみましょう

【開催場所】東館15階 服飾造形実習室5

里見祭の詳細についてはこちらから
服飾造形学科の学びについてはこちらから
 
今年度、最後のオープンキャンパスは11月23日(土)です

※服飾造形学科の施設見学ツアーは洋裁の実習室のみとなります。次回の服飾造形学科施設見学ツアーは11月23日(土)開催のオープンキャンパスを予定しています。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube