和洋女子大学|学部・学科|服飾造形学科|服飾造形学専攻|4年間の学び

4年間の学び

1年次:「ファッション」を学ぶための技術と知識の基礎づくり。

衣服の本質と役割を理解することを大きな目標としています。衣服の歴史や文化、素材や造形、機能や管理、生産および流通など、様々な視点から「衣生活」の基本を学びます。「和裁」「洋裁」「デザイン」「素材」などの「ものづくり」に関わる分野と、広く服飾業界で活躍できるように「繊維」や「被服材料」などに関する科学の基礎についても学びます。 実習については未経験者も安心して取り組むことができるように、少人数制クラスで基礎から丁寧に解説を行い、無理なく確実に知識と技術を取得できます。将来に向け、その中から自分が興味のある分野を見つけてください。

2~4年次:自分の専門性を発見し、高度な学びにつなげる。

興味や関心に沿って学びを深めながら、自分の専門性を模索します。技術と知識をより高度なものに発展させると同時に、ファッションビジネスやアパレル業界などの関連分野についても学びます。4 年次には、大学での学びの集大成として卒業制作または、卒業論文をまとめ、実社会で即戦力として活躍できるプロフェッショナルをめざします。

将来像

アパレル関連企業、百貨店のバイヤーなどをはじめ、小売・企画・品質管理・事務など多彩な分野で、大学で学んだセンスと感性を活かして活躍することができます。また、技術力と表現力を活かして、和裁士やデザイナー、パタンナーなどの専門的な職業をめざすことも可能です。家庭科(中学・高校)の教員免許を取得すれば、さらに将来の幅が広がります。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube