和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|こども発達学専攻|研究室・ゼミ一覧

研究室・ゼミ一覧

こども発達学科

伊瀬 玲奈

伊瀬 玲奈 研究室
子どもの遊びや生活、それを支えていく保育者のありようについて学びます。遊びの中で子どもは何を学んでいるのかを捉えたり、子どもらしい生活を支えるための知識と技術を、幼稚園・保育所の観察や調査を通して習得します。

大神 優子

大神 優子 研究室
身振りやことばを通じて子どもと保育者がどんなやりとりをしているかなど、自分が見て・感じてきたことを、実証的なデータとしてどうまとめるかを、観察・実験・調査などさまざまな手法から考えていきます。

甲斐 万里子

甲斐 万里子 研究室
ゼミでは、子どもの表現がどのように周囲の人・モノと関わりながら広がり、深まっていくのかを、文献や観察などを通して考えていきます。文献を講読したのち、ゼミ生の関心に即した調査、発表を行います。専門的な知識や技能を身につけることと同時に、将来に羽ばたく自信となるような、みなさん1人ひとりの関心から生まれる、現場に生きる視点の獲得を目指します。

金井 智恵子

金井 智恵子 研究室
ゼミでは、主に子どもの発達心理について研究しますが、文献講読、プレゼンテーション、卒論、調査という流れで行います。ゼミ生はONとOFFの切り替えがあり、明るく、楽しい雰囲気の学生です。学生時代は、将来に向けて様々な活動に積極的に参加し、専門知識と技術を修得することで、現場に還元できる力を身につけてください。

上村 明 研究室
子どもの健康に関する理論や枠組みを学びます。そして日常生活の中で疑問に思っていることや解決したい問題を健康の視点から論理的に考察し、子どもの健康支援のあり方について提案することをめざします。

田代 和美  研究室
こどもや保育にかかわる様々なテーマについて学びます。それぞれの方の関心を探り、問いを立て、文献を読み込み、話しあい、現場でデータを収集します。それらを通して4年間の学びの集大成としての卒業論文を作成します。

田島 大輔

田島 大輔 研究室
保育の実践を行う上での理論や知識、見方・考え方について学びます。子どもの姿、保育者の意図・計画・援助など保育の実際の場面で、自分だったらどうするか、なぜそのように考えたかを大切にし、自分なりの枠組み構築を目指し学びを深めていきます。

中村 光絵

中村 光絵 研究室
色や形を用いた表現についての理論や取り組みについて学びます。子どもの素朴な表現を読み取り、また表現の前段階における素材との出会い方を考え、子どもの生活や表現を豊かにするための保育者の援助について、文献購読や制作を通して理解を深めます。

新田さやか  研究室
「保育と人権」をキーワードとして、こども、親、保育者、それぞれの人権が尊重される保育実践について考えていきたいと思います。こども、親、保育者が抱える困難や問題が現代社会のあり様と関わっていることについて、文献講読、フィールドに足を運ぶことなどを通して学び、「わたし」には何ができるのかをゼミのメンバーと一緒に考えていきます。

矢藤 誠慈郎 研究室
このゼミでは、保育・教育について、興味・関心を持ったことについて、調べ、報告し合います。間違いや失敗から学ぶことを重視して、お互いを尊重し合いながら対話を通して学び合うことがお互いを高め合うということを経験し、実感していただきたいと思っています。

矢萩 恭子 研究室
保育実践上の主要なテーマ(子ども理解・保育者の役割や援助・保育内容・保育方法・環境構成など)についての学びを深めます。文献・資料、写真・映像、見学・振り返りなどを通じて、それぞれの子ども観・保育観を磨いていきます。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube