和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

07 25

投稿者: kodomo
2018/07/25 10:09

「こども発達学ゼミⅡ(履修時期:4年次)」には、乳幼児の造形表現を中心に研究するゼミもあります。担当は中村光絵助教。学生は各自興味のある活動を提案し、実践するための方法や計画を立てます。今年は7名のゼミ生がそれぞれ体験したい活動を企画から準備、全員で実践することで表現と鑑賞の楽しさを改めて感じました。さらに活動後、振り返りを行い、学んだ内容を自分の視点でゼミノートにまとめることで将来、保育者として子どもと楽しむための留意点や配慮についても考察できような学びを取り入れています。


【写真】造形室で準備してから外へ移動。身体や身近な道具を使ってペインティングを実践。左下の写真はタブレットを使って当日の様子を記録しているところです

6月28日は、「アクションペインティング」と「フィンガーペインティング」を合わせた授業を行いました。開放感も大切な要素になるので、屋外で活動。身体や身近な道具を使いながらペインティングしていきます。研究はタブレットで記録して教員と学生でデータを共有するのもねらいです。白と黒の2色のTシャツを使って色の見え方を見比べたり、手形サインをつけたりと、学生たちは熱心に取り組みました。

こども発達学科の学びについてはこちらから

Tags:

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube