和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

名前: kodomo 作成日: 2014/02/07 14:19
こども発達学科のブログ

投稿者: kodomo 投稿日: 2022/01/20 14:39
1月18日、こども発達学科の「こども発達学ゼミⅡ」の授業で、講師に「つまみかんざし彩野」代表の藤井彩野氏をお招きし、江戸つまみかんざしづくりワークショップを行いました。参加学生は4年次の7名、指導担当教員は中村光絵助教です。
ワークショップや撮影は、新型コロナウィルス感染症の予防対策を徹底した上で行いました


【写真】完成後に参加者全員で記念撮影(撮影時のみマスクを外してもらいました)

学生たちは、2色のシルク生地を使用したヘアピンを制作。基本となる丸つまみと角つまみ(剣つまみ)の二つの技法を学びました。

 

 
【写真】ワークショップの様子

学生たちは「繊細な作業すぎて息を止めてしまう……」と静かに作業に集中していました。手先の細かい作業に苦労しながらも、楽しそうに取り組んでいました。


【写真】学生たちの作品(この状態でのりが完全に乾いてから、ヘアピンのパーツに付けます)

参加した学生たちの感想

「特に興味深かったのが、歴史といえど答えは一つではなく諸説あったり、昔も今も同じ感覚で季節に合ったアクセサリーを身につけていた点です。私は今回作ったつまみかんざしを、3月の卒業式でつけて行きたいと思います。」

「丸つまみ、角つまみは最初は難しかったのですが、徐々に慣れてきていたのでまた今度違った作品も作ってみたいです。今回作った作品を、卒業式にみんなで付けることも楽しみです♪」

「私は、生まれも育ちも千葉なのですが、つまみかんざしという物を初めて知り、さらにはそれが千葉の伝統工芸品だということを、今回のワークショップを通して知りました。この講義で素敵な工芸品に出会えて、またその長い歴史について学ぶことができて本当に貴重な体験ができました。」

「最後にみんなで作った作品を見合いましたが、同じ工程で作ったのにそれぞれ違った雰囲気になり驚きました。手作業ならではの趣だと思います。そして、自分の作品に愛着が湧きました。」

参加した学生たちからは上記のような感想が寄せられました(一部抜粋)。学生たちにとっても、興味深く楽しい学びになったようです。

***

今回講師を務めてくれた藤井彩野氏が代表を務める「つまみかんざし彩野」公式HPはこちらから
こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから

共通テスト利用選抜Ⅰ期 は最長4年間で約400万円が免除される「特待生制度」の選考対象入試です。
出願期間は2022年1月11日(火)~31日(月)です。詳細はこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/01/20 10:35
こども発達学科では、学生たちがしっかりと実習前の準備をすることで、実習での学びをより深められるよう、異学年での交流を積極的に行っています。
今年度は、1月に「実習報告会(オンライン)」が開催されました。実習報告会は、毎年3年生が主催し、幼稚園・保育所・施設での実習経験をもとに、1・2年生に実習の様子や準備、心構えなどを伝えます。そして、1・2年生は、わからないことや不安な事などを3年生に質問したり相談したりして、それぞれの実習へのイメージを膨らませていきます。


【写真】4年生から3年生に「幼稚園実習Ⅱ(責任実習)」に向けたアドバイスをしている様子

これまで3年生は、春に控えた「幼稚園実習Ⅱ(2回目の幼稚園実習)」の準備をしつつ、1・2年生に向けた実習報告会の準備も並行して進めてきました。幼稚園実習Ⅱと実習報告会の準備を進めるにあたっては、3年生も4年生から幼稚園実習Ⅱでの責任実習の様子や実習報告会の運営の準備などについて教えてもらいました。

今年度の実習報告会は、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえてオンラインでの開催となったため、先輩の日誌や指導案を実際に目の前で見て共有することが難しく、準備に苦戦しました。3年生は、上級生の例を参考にしながら1・2年生からの事前の質問をもとに、動画やプリント等の資料を作成し、画面共有や画面越しの実演など、工夫を凝らして発表しました。後輩からの当日の質問は、主にチャットでしたが、「チャットに質問を書き込むと直ぐに返ってきていて、とても分かりやすかった」「(文字で読めることで)質問内容をしっかり理解することができた」など、お互いにオンラインでのツールを使いこなしている様子がみられました。

上級生ならではの視点で経験談やアドバイスを発信したことで、下級生は「実際にどのような『部分実習』(保育の一部分を担任保育者に代わって行うこと。絵本の読み聞かせや手遊びなど)を行ったのか、悩んでいた点だったので参考になりました」「先輩方の話から、今まで行ってきた実習を今後にどう活かしていくのかをしっかりと考えることが伝わってきました」と、積極的に知識を吸収することができました。

2月には、3年生が最後の幼稚園実習に、2年生が最初の保育所実習に臨みます。学生のさらなる成長が楽しみです!

 
【写真】実習報告会の資料

 


【写真】オンラインでの実習報告会の様子

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから

共通テスト利用選抜Ⅰ期 は最長4年間で約400万円が免除される「特待生制度」の選考対象入試です。
出願期間は2022年1月11日(火)~31日(月)です。詳細はこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2022/01/18 13:38
「いちかわ かぞえうた」は、市川の名所や名物、地域文化を市川市で育つこどもたちに伝えることを目的に、和洋女子大学と昭和学院短期大学の学生と教員が協働して作ったオリジナルソングです。子どもたちが覚えやすいように、手遊びやダンス、スケッチブックシアターなども合わせて制作。12月13日、14日の二日に亘って、こども発達学科の有志3年生1名、2年生3名が、市川市内の公立保育園2園で「いちかわ かぞえうた」の実演活動を行いました。この活動は「いちかわ かぞえうた」プロジェクトとして、令和2年度大学コンソーシアム市川産官学連携プラットフォーム協議会共同研究助成を受け、実施しました。

 
【写真左】実演の様子 【写真右】手遊びをレクチャーしています

 
【写真左】ダンスの1コマ 【写真右】思わず立ち上がって一緒に踊りだす子も…

 
【写真左】実演後の振り返りの様子 【写真右】窓には子どもの絵がたくさん描かれていました


【写真】「いちかわかぞえうた」学生キャラバンのチラシ

子どもたちの前での実演は初めての学生たち。温かく迎えてくださった先生方や、元気いっぱいの子どもたちの姿に、緊張もほぐれ楽しい時間を過ごすことができました。実演後には、園長先生を交えて振り返りを行っていただき、参加した学生にとって多くの学びを得る機会となりました。
※市川市こども政策部との打ち合わせ及び、大学で定められた感染症対策に基づき実施しています。

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科のチバテレ制作による学科紹介動画はこちらから

入試相談・学校見学は随時受付中です! 詳細についてはこちらから

共通テスト利用選抜Ⅰ期 は最長4年間で約400万円が免除される「特待生制度」の選考対象入試です。
出願期間は2022年1月11日(火)~31日(月)です。詳細はこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube