和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

名前: kodomo 作成日: 2014/02/07 14:19
こども発達学科のブログ

投稿者: kodomo 投稿日: 2021/05/21 10:21

こども発達学科の矢藤誠慈郎教授の対談記事と寄稿記事が『保育ナビ』4月号(フレーベル館)に掲載されました。

掲載記事は以下のとおり。

■対談記事
巻頭特集「これからの時代の園長像を探る」
Part3「ポストコロナ時代の園長像を探る」
(矢藤誠慈郎教授・大豆生田啓友氏・大方美香氏・秋田喜代美氏による座談会形式の対談)
 

■寄稿記事
「園内研修を通じた保育の変革プロセス」
(4月号より全6回 偶数月掲載)
 

また、『保育ナビ』連載企画「研究者の目(厚生労働省編)」にも矢藤教授が寄稿します(5月号より連載開始 奇数月掲載)。
矢藤教授は編集委員としても『保育ナビ』をサポートしています。

<矢藤教授からのメッセージ>
保育を深く理解するためには、保育技術だけでなく、保育が今、どこに向かおうとしているのかについて、実践、制度、研究など様々な面から知る必要があります。『保育ナビ』はまさに、そのナビゲーションです。ぜひご一読ください。

こども発達学科の学びについてはこちらから


投稿者: kodomo 投稿日: 2021/05/17 14:48

5月16日、保育士・幼稚園教諭を進路として考えている19名の高校生が、こども発達学科の体験授業(講義と演習)に参加しました。

第1部の講義は、矢藤誠慈郎教授による保育学と大神優子教授による心理学。

  
【写真左】矢藤教授の講義の様子 【写真右】大神教授の講義の様子

こどもの気持ちをありのまま受け止めて、大人が答えを教えるのではなく自分達で考え、試行錯誤することを援助することが、その後のこども達の成長や学びにとってとても重要だということを、豊かな事例を交えながら、学びました。
続いて心理学から見たこどもの学びの例として、野菜の数、重さといった数字を生活や遊びの中から学んでいるこどもたちの姿や、保育者としての学びとして、オンラインで誰でも読むことができる専門書『心理学ワールド』が紹介され、大学在学中から、また現場に出てからも学び続けることの大切さを学びました。

第2部の演習は上村明准教授

  
【写真左右】上村准教授の演習の様子

ワークをもとに、考え、意見交換し、発表するといった形式です。4年生がオンラインでも参加して、2年次に受講した演習の様子などを話してくれました。野菜スタンプ図鑑作りとその指導方法について学び、保育活動におけるねらいや教材研究の大切さを学びました。

第3部では、参加者からの質問に4年生が答えてくれました。「ピアノができないので不安」「実習には、何日間行きますか?」「和洋女子大学こども発達学科の雰囲気は?」といった、入学後の様子についての質問が多く寄せられ、ひとつひとつの質問に、在学生が答えてくれました。

「体験授業を受けて、自分の将来の夢が強くなりました」「在学生の話がとても参考になりました」「大学の授業の雰囲気が気になっていたので参加してよく理解できました」といった感想を参加者から聞くことができました。

全プログラムを受講した参加者に、和洋女子大学 岸田宏司学長名で発行の受講修了証が渡されました。

■次回、体験授業は6月12日(土)開催!
次回はの体験授業は6月12日(土)、『みんなで作る地域の歌』をテーマに体験授業(申込制40名)を予定しています。
申込方法はこちらから

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科の「表現教育」についてはこちらから

投稿者: kodomo 投稿日: 2021/05/12 9:00

こども発達学科の学び

こども発達学科では、保育者として、保育・幼児教育に関する高度な専門性を備え、子どもの育ちに真摯に関わるとともに、子育て中の保護者に寄り添うことができる人材の育成を目的としています。
1年次では、保育に関する基本的な理論や知識を学びます。2年次からは、保育の記録、計画から実践・評価に至る流れを理解し、実習を通じて子どもや保育についての理解を深めます。4年次では、4年間の学びの集大成として卒業研究にも取り組みます。今回は、「表現教育」という視点から、保育の専門性をどのように育んでいるのかを紹介します。

こども発達学科における「表現教育」の取り組み

子どもたちは、日々、保育者から影響を受けて育ちます。そのため、まずは、学生それぞれが自らの個性を大事にし、豊かな表現者となれるよう、感覚的、直感的な学びにも重点を置いて表現力を養っています。具体的には、「保育原理」や「卒業研究」等の授業では、専門的な知識を修得するだけでなく、ディスカッションやレポート課題に取り組むことで、「他者の考えを受容しながら自分の考えを言葉で表現する力」を身につけます。また、「保育内容の指導法」「こどもと音楽」「こどもと表現」等の授業では、子どもの視点に立って、音や色、身体の動きなどの多彩な媒体を使った表現を学び、活動を立案する力につなげます。

 
【写真左右】 それぞれのイメージを文章や色とりどりの図形で表現します(※右側の写真は2019年以前に撮影されたものです)


【写真】お互いのオリジナル作品をまとめて教材として共有しています

 
【写真】「こども発達学セミナー」では、さまざまな媒体で表現しあうことに親しみます

表現教育の集大成 卒業研究

3年生の後期からはそれぞれの関心に基づきゼミに所属します。独自の課題を設定し、論文や制作、演奏など、学生それぞれが最も表現しやすい形で自らの研究をまとめ上げます。

  

【写真】ゼミの様子と作品(※一番下の写真は2019年以前に撮影されたものです)

地域社会とのつながり

こども発達学科では、「子育てサロン」への協力や「みつばちクラブ」の開催等を通して、地域とつながることにも力を入れてきました。現在も、「いちかわ かぞえうた」プロジェクトを進め、学生と一緒になって、就学前施設で活用できる、うたあそびを制作し、市川市との連携を深めています。

 
【写真】 子育てサロン とみつばちクラブの様子(※写真は2019年以前に撮影されたものです)

こども発達学科に興味をお持ちの方へ

人文学部では、「表現教育」をテーマにした体験型のプログラムを企画しています。このプログラムでは、本学入試の総合型選抜などで活用できる「参加証」を発行します。詳細はこの和洋女子大学公式ウェブサイト上で改めてご案内しますので、ふるってご参加ください。

こども発達学科の学びについてはこちらから
こども発達学科の紹介動画を公開中! 動画はこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube