和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

名前: kodomo 作成日: 2014/02/07 14:19
こども発達学類のブログ

投稿者: kodomo 投稿日: 2019/11/26 15:18
10月22日、こども発達学類※の3年生が積木ワークショップに参加しました。良質なおもちゃや積み木を取り扱う「童具館」からインストラクターをお招きして、2時間たっぷり学びました。
(※2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)


【写真】チームに分かれて円柱を作りました

積木は多くの幼稚園や保育所にある身近なおもちゃです。幼い頃に遊んだ経験はある学生も多かったのですが、「保育者として子どもの遊びを援助する」という視点での積木遊びは新鮮だったようです。「楽しい!」という気持ちを十分に味わいながら、学生たちは、その中にある学びに気づいていったようです。


【写真】完成した円柱を一部崩して出入口を作りました。崩れても、また作ることができるのが積木の魅力であることを体験しました


【写真】100箱の積木、量は同じですが、チームごとに違うものが完成しました。これも積木の魅力です!


【写真】積み木の世界を皆で楽しみました

和洋女子大学のこども発達学科では、4年間を通して70名という少人数で保育・幼児教育を学ぶことができます。保育理論も保育技術も、そして子どもの遊びも学びたいという高校生の方、次回のオープンキャンパスは2020年3月25日(水)です。ぜひ、お越しください。

こども発達学科の学びについてはこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2019/11/25 16:16
11月16日、こども発達学科の金井智恵子准教授ゼミと田島大輔助教ゼミの4年生たちが「みつばちクラブ」(地域の親子交流・情報交換イベント)を開催しました。


【写真】魚釣りをしている様子。「いろいろなお魚がいるね。お魚釣れるかな?」

当日を迎える日まで、学生たちは、みんなで力を合わせて、みつばちクラブに参加する子どもたちのために様々な活動を考えました。今回が初めての開催となる、みつばちクラブでは学生たちが心を込めて作った魚を使って魚釣りをしました。子どもたちはとても楽しんでくれたようで、みんなニコニコしながら笑顔で帰ってくれました。


【写真】ビスケットが出てくる「不思議なポケット」をみんなで歌う様子。「楽しいね♪」


【写真】帰りの準備をする子どもたち。「まだ遊びたいな。帰りたくないな」

詳しくは「みつばちクラブ」のHPをご覧ください。
2020年2月には、2回目を実施する予定です!

※教育振興支援助成:
和洋女子大学では、2011(平成23)年度より、学生教育の質向上や学習方法の改善に向けた組織的な取り組みや、個人の取り組みに対し、「教育振興支援助成」制度を設けました。より良い教育活動が行われるための教育手法の開発・改善や実践的な活動(実際の授業等への応用)により、大学の教育力の向上を図ることを目的としています。

こども発達学科の学びについてはこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2019/11/25 15:57
11月14日、中村光絵助教ゼミのこども発達学類※1 3年生9名が横浜・アソビルで行われている「光の深海展」を鑑賞しました(教育振興支援助成※)。中村 光絵助教ゼミは、造形表現をテーマにしています。
(※1 2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)

「光の深海展」は、プロジェクションマッピングを始めとしたさまざまな技術を組み合わせた空間演出を手掛けているNAKEDの日本初上陸となる新企画展です。


【写真】参加学生で記念写真

会場内に入ってすぐプログラミングされた映像と共に、ミストや海辺の香り等、視覚だけでなく触覚や嗅覚などの感覚に働きかける演出に驚いている学生たち。会場内を進んでいくごとに、光の美しさに魅了されつつ海の底の世界に導かれました。

 
【写真左】深海6500mの世界【写真右】湾曲した壁に映し出された波と学生たち

この展覧会は、地面や壁面の画像に触れると模様が生まれたり、絵が動きだしたりと鑑賞者自身も作り出すことができ、色や形で表現する道具としての光の可能性を実感できました。

 
【写真左】壁に触れるとマーブル模様が生まれます!
【写真右】「海底の砂の中にも生き物が…」学生が体験している様子

※教育振興支援助成:
和洋女子大学では、2011(平成23)年度より、学生教育の質向上や学習方法の改善に向けた組織的な取り組みや、個人の取り組みに対し、「教育振興支援助成」制度を設けました。より良い教育活動が行われるための教育手法の開発・改善や実践的な活動(実際の授業等への応用)により、大学の教育力の向上を図ることを目的としています。

こども発達学科の学びはこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube