和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

名前: kodomo 作成日: 2014/02/07 14:19
こども発達学類のブログ

投稿者: kodomo 投稿日: 2019/03/13 14:48
こども発達学科では今年度、教育振興支援助成の一環でこども発達学類3~4年生を対象に、カプラを使った遊びを体験するというワークショップを行いました。当日は「KAPLAⓇブロック」の日本総代理店アイ・ピー・エス代表の冨安智子氏を講師に、「KAPLAⓇブロック」についてのお話をしていただきました。
2018年4月より、和洋女子大学は学群・学類から学部・学科に名称変更しました)


【写真】ワークショップの際の学生たちの様子

  
【写真】カプラは軽量で扱いやすく、自分たちよりも大きな立体物でさえも自由に創造することができます

1万ピースを使って高いタワーを作ったり、小さな町を作ったりと学生たちの想像力が広がり、笑顔と歓声にあふれる賑やかな時間となりました。ワークショップでカラーの「KAPLAⓇブロック」と出会った体験を今後、学生たちが学びに活かせるように、こども発達学科では、カラーの「KAPLAⓇブロック」パーツを導入しました。「KAPLAⓇブロック」は現在、多くの幼稚園、保育所、認定こども園で導入されているブロックで、学生が学外実習で出会うことも多い教材です。 こども発達学科では、「KAPLAⓇブロック」4000ピースを学生がいつでも触れることができる場所に設置しています。今後、教員も一緒にいろいろな作品を作って楽しんでいきます。

 
【写真】こども発達学科の実習支援室にカプラはあります

※教育振興支援助成:和洋女子大学では、2011(平成23)年度より、学生教育の質向上や学習方法の改善に向けた組織的な取り組みや、個人の取り組みに対し、「教育振興支援助成」制度を設けました。より良い教育活動が行われるための教育手法の開発・改善や実践的な活動(実際の授業等への応用)により、大学の教育力の向上を図ることを目的としています。

こども発達学科の学びについてはこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube