和洋女子大学|学部・学科|こども発達学科|学科ブログ

学科インフォメーション

こども発達学科

名前: kodomo 作成日: 2014/02/07 14:19
こども発達学類のブログ

投稿者: kodomo 投稿日: 2018/05/30 17:23
5月17日~19日の3日間、千葉県佐倉市の和洋女子大学 佐倉セミナーハウスにて、こども発達学科1年生の必修科目「こども発達学セミナー」を行いました。今年度は、①保育・幼児教育を学ぶ心構え、②主体的学び、③円滑な人間関係の3つをテーマに、こども園の園長先生の講演やマナー講座、4年生との交流、レクリエーション演習、グループワークなどを行いました。

以下の写真は研修中の学生たちの様子です。招待講演、マナー講座および4年生との交流会の様子です。講師の先生や4年生の先輩や先輩から、保育・幼児教育を学ぶ心構えや大切にしたいこと、大学4年間をどのように過ごしたらよいのかなどについて学びました。

 

 

以下の写真は、レクリエーション活動のひとつ「ヒューマンチェア」です。「ヒューマンチェア」は、一人ひとりが仲間を信頼し、全員がタイミングよく座らないと成功しません。けれど、63名の学生たちは、しっかり息を合わせ、見事に一度で成功しました。


【写真】成功するかな?「ヒューマンチェア」

 
【写真】一度で大成功!「ヒューマンチェア」
投稿者: kodomo 投稿日: 2018/05/18 17:12
和洋女子大学 こども発達学科の大神優子准教授が監修した巻頭特集記事が「ひよこクラブ6月号」(発行:ベネッセコーポレーション)に掲載されました。記事のタイトルは「『泣いているワケ』を知れば、『あるある泣き』がピタッと解決」。赤ちゃんが泣く理由について、わかりやすく解説しています。


 
こども発達学科の学びについてはこちらから
オープンキャンパスの詳細はこちらから
投稿者: kodomo 投稿日: 2018/05/09 16:09
4月21日より、こども発達学科の学生を対象に、公立幼稚園、公立保育所などへの就職をめざす学生のための対策講座が始まりました。この講座は、こども発達学科の学生に合わせたスケジュールで4月から6月まで行われます。初日の講座には、公務員を志望する3・4年生64人が一人も欠席することなく出席しました。



この3月には卒業生の45%が公務員(含、児童指導員)として卒業しました。ただし、今後は採用人数が減少傾向になる自治体もあるといわれており、これまで以上に公務員としての採用は狭き門になる見込みです。それに対応するため、こども発達学科ではこれまでの個別指導に加えて、今年度から保育職のための対策講座を開催することになりました。

こども発達学科は、開設以来7年連続で就職率100%! 保育現場を中心に、公務員への道以外にも私立幼稚園、私立保育所、私立こども園への就職や、幼稚園教諭免許・保育士資格を活かしておもちゃ企業へ就職するなど、卒業生の進路は実に多彩です。



次回のオープンキャンパスは5月20日(日)。在学生や先生方と直接、話や質問などができる貴重な機会です。ぜひお気軽にお越しください。

こども発達学科の学びについてはこちらから

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube