和洋女子大学|和洋学園について|学園の今

学園の今

学校法人和洋学園 理事長 挨拶

理事長  長坂 健二郎

和洋学園の創立は1897年(明治30年)、建学の精神は女性の自立です。日本における女性の社会進出は欧米諸国に比べ、まだまだ十分ではありません。本学園では建学の精神に基づき、各種資格の取得を通じて、女性の自立を強力にサポートします。

和洋女子大学・大学院 学長メッセージ

学長  岸田 宏司

和洋女子大字は1897(明治30)年 創立。明治時代の女子教育の先駆者である堀越千代先生が「日本の近代化の基礎は女子教育にある」という強い信念のもとに創設された、和洋裁縫女学院を母体としています。創設時から、社会の中心となる近代女性の育成を行い、多くの女性リーダーを輩出してきました。本学はここに集うすべての者が「自立」する力を備え、人としての「品格」を持って行動できるように導くことを使命とし、多様な社会のリーダーとなって社会を導く女性を育てることを目標としています。

和洋国府台女子中学校高等学校 校長メッセージ

校長  宮﨑 康

3年前からの改革で堀越千代女史の「女性の自立」を発展させ、「凛として生きる」女性の育成を教育方針としました。約40年ぶりに中学校を国分から国府台に移し、中高大の連携を強くしていきます。この中心として、高校大学連続の7年制のコースを平成32年度からスタートさせます。高校で広い教養を学び、大学ではキャリアを積むコースを計画してます。結婚・出産・育児と状況が変化しても、常に社会で活躍する「凛として生きる」颯爽とした女性を育てていきます。

和洋九段女子中学校高等学校 校長メッセージ

校長  中込 真

校訓「先を見て齋える」を柱に、学祖堀越千代先生による建学の志を具現化するべく、校長をはじめ教職員が一体となって、新しいスタイルの教育改革を推進しております。現代女性の自立のためのスキルとして5つの大目標、すなわち(1)国際標準の教育プログラムの実践、(2)語学教育体制の飛躍的変革、(3)アクティブラーニング授業の全科目展開、(4)ICT環境の充実と授業への活用、(5)サイエンスリテラシーの育成、に取り組んでいます。大きく変容する社会においても十分に力を発揮し、活躍できる女性の育成に尽力しています。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube