和洋女子大学|トピックス一覧

トピックス一覧 

Topics:一般・地域の方

2017/12/07

いちかわ市民アカデミー講座を開催しました

12月2日、第7回いちかわ市民アカデミー講座(注1)を開催しました。この回は3大学交流講座にあたり、昭和学院短期大学コース、千葉商科大学コースの受講生も参加しました。
テーマは「エコフレンドリーな衣生活を目指して~環境に優しい繊維を活用しよう~」、講師は服飾造形学類長嶋直子准教授です。


写真:講師の長嶋准教授

講座では、これからの衣生活に求められる「人に優しい、地球に優しい物作り」を3R(Reduse、Reuse、Recycle)から、薬剤・水・エネルギーの大量消費から脱するものづくりとして紹介しました。その具体例として、再生可能繊維の竹繊維やバナナ繊維、とうもろこしを原料とした生分解性繊維について実物を用いて分かりやすく説明。染色でも水・エネルギーを大量消費しない染めを紹介しました。そして、冬暖かく夏涼しい衣類として活用されている発熱保温繊維や超極細ナノファイバー、自動車・航空機の軽量化等の実現が期待される炭素繊維、医療分野に展開し始めた導電性繊維などを解説しました。
78名の受講生の方々には、実際に濡らしたり乾かしたりすることで伸縮する繊維を見たり、重さの感じられない超極細繊維でできたスカーフを手に取ることで、ハイテク素材の仕組みを理解し体感する講座となりました。

 
写真:講座の様子

次回のいちかわ市民アカデミー講座は12月16日、「イタリアにおけるツーリズムの歴史と現状~日本の未来を考える~」、講師は国際学類秦泉寺友紀准教授です。

注1「いちかわ市民アカデミー講座」・・・市川市内の3大学(昭和学院短期大学、和洋女子大学、千葉商科大学)がそれぞれの施設と講師を提供して開催する、市川市主催の講座です。受講生は、約1年をかけて各大学10回の講座と3大学交流講座(自由受講)を受講し、新しい知識の習得をめざします。8回以上の講座出席者には市川市から修了証書が交付され、学習成果の地域への還元が期待されています。 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ