和洋女子大学|トピックス一覧

トピックス一覧 

Topics:一般・地域の方

2017/11/01

第5回「いちかわ市民アカデミー講座」を開催しました

10月28日、第5回「いちかわ市民アカデミー講座」(注1)を開催しました。テーマは「多文化共生と向き合う日本 ~国内のイスラーム社会の形成~」、講師は国際学類の伊能武次教授です。
 

写真:講師の伊能教授 

講座では、国内のイスラーム(ムスリム)社会を取り上げ、多国籍・多文化社会における共生を考察しました。

これまでの在留外国人社会はほとんどが出身国や出身地域ごとにつくられていましたが、ムスリム社会は宗教を根幹とした社会であるため、住民はインドネシア、パキスタン、バングラデシュ、マレーシア、イラン等多岐に渡る中で皆が一貫した教えのもとに生活しているのが特徴です。

また日本人女性が彼らと結婚し改宗することでもムスリム社会は拡大しています。

講師は拡大し続ける外国人社会について、特にムスリム社会が抱える課題を実例をもとに解説しました。

出席した55名の受講生の方々からは、近隣の身近なこれらの国際社会への接し方、また同じ地域の住民としてどのように受け入れていけばよいのかを模索する声が多く聞こえました。

 

 

写真:講座の様子

 次回の「いちかわ市民アカデミー講座」は11月11日(土)、テーマは「これからの食~気楽に食品とつきあうためのヒント~」です。健康栄養学類の中島肇教授が講師を務めます。

 (注1) 「いちかわ市民アカデミー講座」・・・市川市が主催し、市内3大学(昭和学院短期大学、和洋女子大学、千葉商科大学)が講師と施設を提供して開催する講座です。受講生は、約1年をかけて各大学10回の講座と3大学交流講座(自由受講)を受講し、新しい知識の習得をめざします。8回以上の講座出席者には市川市から修了証書が交付され、学習成果の地域への還元が期待されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

















 

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ