和洋女子大学|大学案内|学長挨拶

学長挨拶

学長 岸田宏司

関西大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修了、専門「老年学」
市川市社会福祉審議会副会長
市川市社会福祉審議会障害者専門部会長
(株)ニッセイ基礎研究所上席主任研究員を経て、和洋女子大学家政学群生活環境学類教授、2012 年4月より和洋女子大学学長就任

人を支える「心」と「技術」を育み、和洋の誇りを胸に、新たな社会へ

 明治30 年(1897 年)に創設された和洋女子大学は100年以上に及ぶ歴史を築いてきました。この間に和洋女子大学は「和魂洋才」「明朗和順」の教育理念を掲げ、高い技術と強い精神を持った卒業生を数多く輩出することで、社会の成長に貢献してきました。しかし21 世紀に入り、社会の構造は大きく転換を始めました。さまざまな価値観が併存し、人とつながることで新しい価値を生み出し見つけ出し、創造する時代へと変わってきました。社会はモノづくりに加え、人と関わり人を支える関係づくりをより必要としています。このような時代の変化をとらえ、和洋女子大学は教育理念を現代の社会、そして未来の社会に応えるべく、「和魂」と「明朗和順」を「人を支える心」、「洋才」を「人を支える技術」と解釈しなおし、“ 人を支える「心」と「技術」を持って行動する女性” の育成をめざすこととしました。そのために4年間で、「自分を知り誇りを持つ力」、「基礎学力と文章力」、「人を理解し、自分を表現する力」、「課題を解決する力」、「社会に役立つ専門力」の5 つの力を重点的に学生が身につけることをめざします。これらの能力は、企業社会、地域社会、そして家庭生活のどの場面においても力を発揮します。授業では学生が自ら考え、教員とのやり取りをする双方向型授業を行うことで、課題を解決するための考える力や表現力を養います。また教養科目は自分自身を理解する契機となり、専門科目では社会で役立つより高度で実践的な専門技術・知識を得ることができます。
和洋女子大学は、この「5 つの力」を高めることで、“ 人を支える「心」と「技術」を持って行動できる女性”を育み、実社会において、建学の精神である「和魂洋才」「明朗和順」を体現でき、多様な社会の中核となって活躍する女性の育成をめざしています。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube