和洋女子大学|就職サポート|教員を志望する学生の方へ

教員志望の方へ

教員免許取得のためには、1年次から教職課程のカリキュラムの履修が必要です。

教員採用について

教員を志望する場合は、公立学校と私立学校の2つの道があります。
いずれも限られた採用枠に多数の応募があり、突破のための対策が必要です。

公立学校の場合

まず、各都道府県の教育委員会が行う教員採用試験を受験しなければなりません。要項や願書は4月から6月にかけて配布されます。
東京都と千葉県の公立学校教員採用試験要項は、進路支援センターで一括して取り寄せるので、希望者は掲示板で確認の上、申し出てください。
その他の道府県の要項および願書は、各自で教育委員会から取り寄せてください。

採用までの流れ

STEP.1 出願

4月中旬~5月中旬にかけて順次行われます。

STEP.2 採用試験

7月に行われます。
1次試験:筆記試験。専門教養・教職教養・一般常識が出題されます。
2次試験:人物や教員としての適性。論作文、個人・集団面接、集団討論、
模擬授業、適性検査などが行われます。
科目によっては、実技試験。

STEP.3 合否

1次試験の結果:7月下旬から9月に発表。
2次試験の結果:9月中旬から10月に発表。

採用までの流れ

教員には、正式な教員の他に、臨時的任用教員(常勤講師)や非常勤講師(時間講師)のように臨時教員があります。
常勤講師は、教員とほぼ同様な勤務内容となりますが、非常勤講師は、授業だけを担当してそれ以外は拘束されません。臨時教員の登録を制度として実施している教育委員会もありますので、希望者は各自で教育委員会に問い合わせてください。

私立学校の場合

多くの私立学校は、中・高一貫教育(6年間)を採用していることが多く、また、各校とも独自の教育方針や校風があります。
私学の教員になるということは、ただ単にその教科を教えるだけではなく、学校の方針にそった指導をしなければなりません。つまり教員自身がその方針に理解、賛同していなければ務まらないことになります。

私立学校の募集はおおむね次のようになっています

  • 大学への求人に応募
  • 直接応募…新聞や雑誌、ホームページなどの求人広告を見て応募
  • 学校関係者からの推薦・紹介による応募
  • 私学教員適性検査を受検しておく…都道府県によっては、私学協会が窓口になり、教員志望者を各私立学校に紹介する場合がある

私立教員適正検査について

東京都・静岡県・愛知県・兵庫県・広島県・福岡県・長崎県の私学協会では、毎年同一試験日・同一問題で「私学教員適性検査」を実施しています。
群馬県は、独自の試験日・問題で、やはり私学協会が適性検査を実施しています。
私立学校が採用する時、検査の成績を記載した受験名簿を参考にする場合があります。

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube