学生活動ブログ

学生活動ブログ

 

名前: gakusei 作成日: 2015/07/28 16:33
学生活動ブログ

投稿者: gakusei 投稿日: 2018/03/20 14:53
こんにちは!家政福祉学類2年の坂本です。 3月10日・11日、本学体育館でゴールボール女子日本代表強化合宿が行われました。 ゴールボールは、東京2020パラリンピック競技大会では千葉県内の幕張メッセ会場で開催が決まっており、市川市での強化合宿が実施されることになりました。そこで、私はボランティアとして身近でサポートさせていただきました。    写真:選手と学生ボランティア。ボランティアは、学生5名で参加しました。   女子日本代表は、パラリンピック・ロンドン大会で金メダルを獲得した強豪チームです。正直ボランティアに参加するまで、ゴールボールという競技もルールも知らず、ただパラリンピックの公式種目に関われるチャンスだと思い、興味本位で参加しました。 ゴールボールは、3対3で戦い、目を隠して見えない状況で鈴の入ったボールを投げたり体で守ったりする競技です。いつからゴールボールという競技があるのか聞いたところ、戦争で怪我をした軍人たちがリハビリとして利用していたトレーニングがゴールボールの始まりだそうです。私は、10日の朝から参加し、試合で大切なタイマーの操作やボール拾い、選手たちのボール速度の記録をやらせていただきました。タイマーはすごく重要でコートからボールが出たりペナルティーがあった場合はタイマーを止めたりするので、全体の試合をしっかり見ていなければなりません。 卓球部に所属している私は、普段タイマーを使わないので新鮮で緊張しました。選手の方々は、目が不自由だったり体に障害があったりする中で競技をしていました。光がなく暗闇の中で、音とチームメイトとのコミュニケーションだけを頼りにプレーしているのを見て、痛そうで難しそうだと思いました。実際に少し体験させてもらい、思っていた以上にボールがいつどこに来るのか分からず怖くて難しく、音が聞こえるのは分かるけれど、ずっと集中していなければできないと改めて体で感じました。また、コートには、テープの下0.3ミリの紐が入っていて、その線を触って自分がいる場所などを把握していました。コート内の線には、3種類くらい長さの異なる線があり、それぞれ意味があります。   写真:練習試合の様子       写真:ボランティアの様子    今回のボランティアは、私の中で良い経験になりました。興味本位で参 ... 詳細...
投稿者: gakusei 投稿日: 2018/03/06 11:23

3月3日、ヒップホップダンスサークルの「Crazy Girl」が、タワーホール船堀の大ホールで公演を行いました。


 
この公演は、和洋女子大学だけではなく、N.i.i.Z (CHIBA DANCE LEAGUE Nothing is impossible)に加盟する大学との合同公演でした。他大学の学生とのコラボレーションによるHIPHOP 、GIRLS 、JAZZ 、 HOUSE のショーケースの他、各大学によるパフォーマンスなどが行われました。参加者の保護者や友人のほか、初代Crazy Girlの卒業生なども観客席から声援をおくり、会場を盛り上げてくれました。



Crazy Girlのメンバーからのコメントです。
「Crazy Girlの石井です! 第1回N.i.i.Z連盟公演に参加しました。他大学との交流は大変刺激的で、タワーホール船堀の大ホールで踊ることができて、とても貴重な経験ができました。本番後は大きな達成感を味わうことができ、個々の成長にも繋がったと思います。これからは新体制で、新入生歓迎会に向けて頑張ります!」

和洋女子大学の学生達は、学内だけではなく、学外での活動も積極的に行っています。

和洋女子大学のサークル・同好会一覧はこちらから

投稿者: gakusei 投稿日: 2018/02/21 10:40
2月17日学内にて、25日に都内で行われるイベントにボランティアとして参加する学生を対象にAED救命講習会を開催しました。
講師は三和商事株式会社の方、3名にお越しいただきました。

 

学生たちは、最初に胸骨圧迫の方法とAEDの使用方法の講義を受けました。その後は、3つの班に分かれて、三人一組で実技を行いました。

 

1時間という短い時間でした参加した学生たちは真剣に話を聞いていました。
投稿者: gakusei 投稿日: 2018/02/19 19:12
3月3日(土)、タワーホール船堀(都営新宿線 船堀駅下車 徒歩1分)の大ホールにて開催される、CHIBA DANCE LEAGUEに和洋女子大学のヒップホップダンスサークルの「Crazy Girl」の学生たちが出演します。

開催時間:13時30分~15時30分
料 金 :2000円

★チケットをご希望の方はCrazy Girlのツイッターまで、DMでお問い合せください。







  

  
【写真】2017年に行われたイクスピアリでのステージの様子
投稿者: gakusei 投稿日: 2018/02/09 10:13
2月7日発行の『ふれあい毎日』の新連載「The wide view」に日本文学文化学類 日本語表現専修3年生 宮﨑ひとみさんが学生記者として書いた記事が掲載されました。記事は2月10日に市川市文化会館で開催される「レッドリボン ダンスパフォーマンス」について。このイベントの司会進行は和洋女子大学 放送研究部の学生たちが務め、市川市内の中・高・大学生の7チームがいろいろなジャンルのダンスでそれぞれのチームの個性を活かして、会場を盛り上げる予定です。和洋女子大学のヒップホップダンスサークル、「Crazy Girl」も登場します。入場無料ですので、どうぞ、お気軽にご参加ください。

『ふれあい毎日』はこちらから。記事はPDF版でご覧いただけます。


【写真】昨年2月にイクスピアリで行われたイベントのステージで踊る、「Crazy Girl」の学生たち
投稿者: gakusei 投稿日: 2018/01/31 16:39
こんにちは!茶道部の加賀屋です。
茶道部では、2月11日(日)に船橋市北部公民館で、小学生以上の方を対象とした茶道体験を実施します。

定員は15名で、ただ今、先着順に申込みを受け付けています。当日 和菓子には、鶴屋吉信の紅白の梅をかたどった干菓子、すり琥珀梅と落雁のねじ梅をお出しする予定ですので、どうぞお楽しみに。お申込みの詳細については、下記のチラシをご確認ください。

お茶を通じて、是非 伝統文化を楽しみながら体験してください!ご来場お待ちしています。


投稿者: gakusei 投稿日: 2017/12/22 10:04
12月18日、クリスマスイベントの一環として、ダンスサークルCrazy Girlが、東館1階のエントランスでショーケースを披露しました。


【写真左】クリスマスらしい赤・白・緑の衣装でダンスパフォーマンスを見せるCrazy Girlのメンバー。

昼休みの30分間を使って、全部で5つのショーケースが行われました。ストリートカジュアルや、ハートの穴あきTシャツにデニムジャケットで統一した衣装、グレーのパーカーにカラーテープでオリジナルの装飾を施したものなど、パフォーマンスによってコーディネートも変化。

【写真左】フロアに座ったり階段に立ったり、吹き抜けの2階から見る学生もいたりと、大勢が集まりました。

それぞれのショーケースごとにMCを務める学生が解説を行い、メリハリのあるショーに沢山の学生がギャラリーとして集まり、エントランスは階段から2階までいっぱいに。大きな声で声援を送る学生も。


【写真左】1曲目はフロアをめいっぱい使って、大勢が入り乱れてのパフォーマンス。
【写真右】3・4年生によるショーケースは、モノトーンで統一された衣装。ラストの演出に歓声があがりました。

【写真左】黒のボトムに赤×デニムの衣装でグラマラスなダンスを披露。
【写真右】最後のナンバーではCrazy Girlからギャラリーへささやかなプレゼントが。


今年はたくさんの部員が加入したと言う、「仲良く楽しく」がモットーのCrazy Girl。大所帯ながら、一人ひとりが楽しそうに活動している様子が伺えるイベントでした。
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/12/22 9:52
12月5日・6日にエスフォルタアリーナ八王子で、第52回 会長杯争奪卓球大会が開催され、和洋女子大学からはシングルス・ダブルス共にBブロックへ、ダブルスでは3チーム6名が、シングルスには7名の学生が出場。Bブロックの女子ダブルス戦を、須之内・藤井ペアが制しました。


【写真左】ダブルスで優勝した藤井さん(左)と須之内さん(右)

Bブロックのダブルスは、決勝戦まで和洋女子大学の須之内・藤井ペアと、坂本・白井ペアが勝ちあがり、同大学対決となりました。須之内さんはシングルスにおいてもトーナメントを勝ち進み、決勝戦で法政大学の選手と対決、惜しくも敗れましたが、Bブロックで準優勝を収めました。

優勝した須之内・藤井ペアからのコメント

藤井 優香
(千葉県 私立和洋国府台女子高等学校 出身)


初戦から、目の前の1試合1試合に臨んでいこうと思い、プレーしました。決勝戦は和洋対決となり、やり慣れているペアとの試合はなかなか苦戦しました。来年行われる全日本学生総合卓球選手権大会には初めて出場するので、しっかりと自分のプレーができるように頑張りたいと思います。

須之内 美涼
(茨城県 私立明秀学園日立高等学校 出身)


日頃の練習の成果や努力を、こうして目に見える形で結果として出せたことをとても嬉しく思います。ダブルスでは優勝することができましたが、シングルスでは惜しくも準優勝という結果でとても悔しい思いをし、自分の実力の足りなさを痛感しました。ダブルスでは来年の全日学への出場権を得たので、これを一つのチャンスとして思いっきりプレーして来たいと思います。今後とも練習に励んでいきますので、皆様、応援のほど宜しくお願いします。
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/12/14 16:22
12月12日、和洋女子大学の構内にあるドイツトウヒに飾り付けた、イルミネーションの点灯式を行いました。これは昨年に引き続き、2回目のイベントで、岸田学長をはじめ、長坂理事長、竹内後援会会長も参加。教職員や大学生、併設校の高校生たちも帰路の足を止めて、またご近所の方々にも立ち寄っていただき、和やかな点灯式となりました。 点灯式のイベントのトップバッターはこども発達学類の学生と学生会実行委員会の学生有志たち。クリスマスらしく、竹内まりやの「すてきなホリデイ」を踊りながら歌ってくれました。振り付けはヒップホップダンスサークルCrazy Girlの副部長を務める、こども発達学類3年生の学生が担当。出演が決まってから本番までの期間が短い中、お昼休みや授業の合間に練習を重ねて臨んでくれました。手づくりのサンタ帽もとても可愛らしく、観客からは笑顔が溢れました。 【写真左右】こども発達学類有志の学生たちによる「すてきなホリデイ」 学生たちの出番のあとは、教職員軽音楽部による、ジョン・レノンの「Happy Christmas」と和洋女子大学の「校歌」が演奏されました。 【写真左】長坂理事長による開式の挨拶                              【写真右】クリスマスのイルミネーション クリスマスまで、あと10日あまり。ドイツトウヒのイルミネーションは大学の外からもご覧いただけますので、どうぞご覧になってください。また、現在、和洋女子大学の文化資料館では学生たちの企画展示「民具祭典-知ってるモノの知らない姿」や英詩翻訳書道展、美術部の学生によるスポット展示などを開催しています。遅めの午後に文化資料館の企画展をのんびりご覧になった後、クリスマスのイルミネーションを楽しんで帰っていただくのもお勧めです。 文化資料館については こちらから ... 詳細...
投稿者: gakusei 投稿日: 2017/12/14 14:54
12月9日および10日に開催された、秋季 千葉県学生ソフトテニス選手権大会に、和洋女子大学から4チームが出場し、優勝と3位の成績をおさめました。


【写真左】ソフトテニス部のメンバー。大会を終えて。

【優勝】 宮野・小川ペア
小川瑠利子 家政福祉学類 3年
<千葉県立松尾高等学校 出身>
宮野理沙 家政福祉学類 3年
<石川県立能登高等学校 出身>
【第3位】高橋・高澤ペア
 高澤真菜 家政福祉学類 3年
 <埼玉県立久喜高等学校 出身>
 高橋秋恵 家政福祉学類 1年
 <千葉県 私立植草学園大学附属高等学校 出身>

 
来年の活躍も楽しみです。おめでとうございます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>

ブログ内検索

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube