和洋女子大学|5つの力を身につける

5つの力を身につける

人を支える「心」と「技術」を持って行動する女性を育てます

和洋で自分らしさを見つける、新しい4 年間がはじまります。
自分の人生を自分らしく生きていくための、「女性の多様な生き方に応えられる教育システム」を提供する大学。
新しくなった和洋女子大学で「新しい私」を見つけてください。

自分を知り誇りを持つ力

私たちは他人や社会と関わりながら生きています。他人や社会と関わる時には、自分自身を理解し、自身を大切にする気持ち、一言でいえば「自尊心」を持っていることが必要です。
自尊心は授業やサークル活動などで身につけた教養や知識や技術が、褒められたり、人のために役立ったりした時に育ちます。
和洋女子大学の授業は単なる知識の伝達にとどまらず、それを通じて、自分を知り誇りを持つ力を育てます。

自分を知り誇りを持つ力

基礎学力と文章力

人と関わりながら生きるためには、相手と共通の基盤を持つ教養や基礎学力が必要です。教養や基礎学力は、読む、書く、計算する力、ITを使いこなす力を大学でさらに磨くことで得られます。
また時代や場所を超えて受け継がれている古典を学ぶことや、芸術の鑑賞も有力な方法です。
なかでも、書かれている内容を正しく読み取る力、自分の言いたいことをわかりやすく、かつ正確に書く力、即ち文章力は最も基本となる力です。文章力が伸びれば、自然に、専門分野も含めたその他のすべての力も伸びていきます。

基礎学力と文章力

人を理解し自分を表現する力

社会で人と関わりながら生きていくためには、他者の価値観・文化を理解し、かつ尊重する力や、自分の価値観や自分の育った背景にある文化を人に理解してもらう力が必要です。
相手の言葉を聞き、相手の価値観や文化を理解する想像力や知識、教養。自分の言葉で、自分の思いや考えを理解し、共感してもらう表現力。両方の力を持つことで他者との連帯感が生まれます。
和洋女子大学の教育は豊かな知識や教養の習得に加え、日本語だけでなく外国語の会話能力も育てます。

人を理解し自分を表現する力

課題を解決する力

農業体験、地域支援、実験実習、また卒業論文・研究など、実際に物事を推し進める体験が得られるプロジェクト型教育の中で、状況を観察して課題を発見する力、課題に関する情報を収集・分析する力、分析に基づいて解決のための計画を立てる力、立てた計画に沿って実行する力、実行結果を検証する力を育てます。
未経験の状況に出合った時、自信を持って対処できる力が身につきます。

課題を解決する力

社会に役立つ専門力

和洋女子大学の専修では、それぞれ専門的な教育が行われています。学生は自分が専門として学んだことを、卒業期には社会に役立てる力として身につけていなければなりません。
大学の授業計画(「シラバス」)には、その授業の目的が達成されたら何ができるようになるのか、それはどのように役立つのかが明示されています。
一つひとつの授業ごとに、それを意識しながら勉強すれば、個々の授業はさらにつながりを持って理解できるようになります。

社会に役立つ専門力

受験生の方へ

卒業生の方へ

一般・地域の方へ

企業・研究者の方へ

寄付のお願い

facebook

twitter

LINE

YouTube